日間賀島名物、タコの丸茹でを食す【離島グルメ】

愛知県のマイナー離島の一つ、日間賀島に行ってきて名物のタコの丸茹でを食べてきました。

日間賀島は、孤独のグルメというドラマにも出てきた離島です。

後ほど詳細は書きますが、南知多の河和駅からフェリーで日間賀島に行くことができます。

 

タコの丸茹でが食べられるお店、乙姫

日間賀島西フェリーターミナルから徒歩数分で行けるところにタコの丸茹でが食べられるレストラン兼旅館があります。日間賀島は基本的にはだいたい旅館で晩御飯を食べるようにできており、夜やっているレストランは少ないです。

早速タコの丸茹でを頼んでみましょう。

来たのはこちら。

 

はさみで豪快に切って食べていきます。一匹2,000円。これだけでなかなかお腹いっぱいです。

タコの丸茹での他にも車海老の踊り食いもオーダー、一匹600円。

本当に生きているまま出されて、それをはさみで切り落とすというなかなか罪悪感を感じる食べ方を強いられます。

 

乙姫も孤独のグルメでロケに使われた店のようです。

 

店名:乙姫

場所:愛知県 知多郡南知多町 日間賀島 西港

営業時間:11:30~14:30

電話番号:0569-68-2107

食べログ:3.51(https://tabelog.com/aichi/A2304/A230403/23007247/)

 

営業時間がかなり短いことに注意が必要です。前述したとおり日間賀島は夜に営業しているレストランがほとんどないので、ここ乙姫も夜は宿泊者用の食事のみとなります。

また、時期によってはかなり混雑しているので行列に待つことは必須です。自分たちの場合は、お盆休みに行って1~2時間待ちは当たり前、という感じでした。

自分らは素泊まりで旅館を予約していたため、夜ごはん探しに苦戦することになりました。

だいたい旅館で食べると一人10,000円~15,000円になるので事前にお金の用意も必須です。

日間賀島でクレジットカードを使える場所は発見できませんでした。お金をおろせたところは郵便局のATMのみです。

 

日間賀島までの行き方

  1. 名古屋から河和駅まで名鉄で約50分、920円
  2. 河和駅から河和港行きの無料シャトルバスに乗車、約3分(歩いても7分)
  3. 河和港から日間賀島へのフェリーに乗車。約20分、片道1,400円
  4. 日間賀島西ターミナルで降車。西ターミナルの方が旅館やレストランが多いです。

 

河和港からは、日間賀島の他にも篠島、伊良湖行きのフェリーも出航しています。

また機会があれば他の島にも行ってみたいですね。

ちなみに日間賀島西フェリーターミナルの雰囲気は↓の感じです。

マカオのフェリーよりも一回り小さいですが、揺れはほとんどありませんでした。

 

作成者: muneyuki yokoi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。