長野県伊那市で田舎を体験してみた

長野県伊那市の高遠町というところへ一泊二日で民泊しつつ軽く田舎体験ツアーをしてきました。

 

東京から伊那市への行き方

新宿バスタから伊那バスターミナルまで、高速バスで約3時間、片道3,000円ほど。

連休最後の休日などは高速道路が混んででほとんどの場合、これ以上に時間がかかるようです。

僕の場合は高速道路上で乗っている場所が故障し30分程度置き去りにされたこともあり、帰りは5時間くらいかかりました。

伊那市から高遠町へは民泊の人に送ってもらって20分程度でした。

ちなみに伊那市と高遠町の人口は下記のとおり。伊那市は子育てに良い環境が整備されており、若い人も含めて移住される方が増えているそう。民泊先の方も都内から移住された方でした。

伊那市:67,077人(2018年)

高遠町:6,758人(2006年)

 

宿泊先と田舎体験ツアー

民泊として泊まったのは高遠民泊よしよしさん。トトロに出てきそうな雰囲気の古民家で晩御飯と朝食付きで宿泊できます。と同時に季節にあったその時の田舎体験をすることができます。

自分らがやったのは稲刈り。普通にもくもくと農作業をやらされますw

普段しない中腰姿勢が続くので腰が痛くなったり肩もこったり。

だが、大自然の中ということもあるのかそれが案外心地良い。働かざる者食うべからず。

夕食作りや火おこしも手伝わされます。

晩御飯後には近くにさくらの湯という温泉があり、連れて行ってくれます。

総合すると、普通のホテルに宿泊するのとは全く異なる体験ができて当初思っていたよりも楽しかったしいい体験ができたと思います。都会にいるとなかなかこういう田舎に暮らそう体験はできないので。

ただ、一日二日は田舎に住んでも良いかなとは思うけどこれが何週間も続くとなると、周りに自然以外は何もない分正直飽きそうだなとも思いました。

 

伊那市周辺の観光スポット

ちょうどそのころに蕎麦祭りというのがやっていたので行ってみました。

伊那市は信州そばの発祥の地とのこと。ちょうど新そばの季節なのですね。

伊那市周辺から蕎麦祭りを行っていたみはらし公園までは市営バスで約30分。ただそのバスが2,3時間に一本しか来ないw

さすが田舎と言わざるを得ない。もちろんタクシーでも簡単に行けるしそんな高くもないんですけどね。

 

行ってみたら新蕎麦を買うことができるんだけど買うまでに30分の行列を並ぶはめに。

出てきた蕎麦はこちらで500円。

コンビニで買えそう?? だけど味は良かったよ、うん。

みはらしファームには近くにみはらし温泉もあってそこでまったり。

 

みはらしファームの他には伊那市中心街も行ってみたけど、特にそこまで見所はなし。一泊二日ということもあり、面白そうなスポットは発見できませんでした。

帰りのバス渋滞&事故もあってマイナスポイントはあったけど、総合的には80点くらいの土日の過ごし方かなと思いました。都内での生活に疲れたときはたまには良いかもです。



 

作成者: muneyuki yokoi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。