【月島】もんじゃの正しい作り方を教えてもらった

月島もんじゃの有名店「蔵」に行ってきました。

作り方にいまいち自信が持てないので店員さんに聞いてみると、丁寧に教えてくれました。

今まで思っていた作り方と合っている部分もあれば、全然違う部分もあったので勉強になりました。

ここのもんじゃはホワイトソースベースになっているのが特徴的で、最初はおすすめメニューとなっていたスペシャルもんじゃをオーダーしました。

 

① 鉄板全体に軽く油を引く

② 火が通りづらいものを事前に炒めていく

③ スプーンで汁がこぼれないようにしながらガツっと野菜を入れる

④ 野菜がしなしなになるまで炒める

⑤ 野菜を二本のヘタを使って細かく刻んでいく

⑥ 土手を丸く作る

⑦ 汁を半分だけ入れる

⑧ トロミがでるように素早くかき混ぜる(1分程度)

⑨ 汁の残り半分を入れて素早くかぎ混ぜる(1分程度)

⑩ トロミが出てきたら一気に崩してかき混ぜる

⑪ 形を整えて完成

全部で5〜6分の作業でした。思っていたよりも全然素早く、時間がかからないものでした。

スペシャルもんじゃを食べたあとは、ご飯入りの豚肉系のもんじゃで締め。ビール3杯も飲んでお会計が合計で5,000円代と非常にリーズナブル。

味は並んで入るのに十分納得できるレベルだったので、また月島に来た際は行ってみようと思いますね。

 

もんじゃ蔵

中央区月島3-9-9

03-3531-5020

11:00〜23:00

(行ったときは15時と中途半端な時間に行ったにも関わらず5組くらい並んでいたので、やはり土日は混むようです)

 

帰りは月島、勝ちどきあたりをふらふら。

トリトンスクウェアにある橋。久しぶりにここら辺来たんですがかなり開発されていました。

 

月島で見かけた亀の散歩。どうやら月島名物だそう。というか亀って散歩必要なんですかね。

この後、もんじゃ焼き屋から一組のお客さんが出てきて亀を見てかなりびっくりしていました。そりゃ店出ていきなりこんな光景に出くわしたらびっくりしますよね。

しかし、十年前くらいにもこういう光景を見たような気も・・・。亀は長生きだし同じ亀ってことも全然あり得ますよね。

 

勝ちどき橋を渡って築地・銀座方面へ。月島エリアから銀座まで歩いていけちゃうのが良いところ。

東京の昔ながらの雰囲気を残しつつ、銀座・東京方面へも徒歩でいけるので良いとこなんですけどね。

昔、ちょっと住むことを考えたこともありましたが、仕事の関係上交通の便があまり良くなかったので断念していました。

 

作成者: muneyuki yokoi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。