Nettelerの運営会社 paysafeとは

ポーカースターズにて日本だとNettelerが使えなくなってしまったので使用不可になる9月15日前にNettelerから資金を引き上げました。

カードは既に有効期限が切れており使えなかったので、日本の銀行振り込みにて。

Netteler側への手数料1,400円、三井住友銀行側への手数料4,000円で合計5,400円取られました。。。Nettelerの残高でビットコインでも買えば良かったかも。

 

というわけで、Nettelerにさよならしたわけですが、運営会社を調べてみました。

運営しているのはロンドン上場のpaysafeという会社です。

時価総額約3,000億円の大手企業ですね。

 

時価総額推移

paysafe

出典:google finance

 

セグメント別売上(単位:億円)

sales1

出典:決算書より作成

 

この中でDigital walletがNettelerやSkrillなどが入っているビジネスセグメントです。全体的に伸びていますし、他にも決済関連の周辺ビジネスに多角化しています。

 

元の会社はNettelerが母体ですが、M&Aを繰り返して大きく成長してきた歴史があります。

 

Paysafeの直近M&A一覧

manda

出典:決算書より作成

 

地域別売上高

area

出典:決算書より作成

 

いいバランスですね。アジアでもよく使われているということが分かりますね。

 

今回Nettelerがポーカースターズに入出金できなくなったのは、日本でのオンラインギャンブルがグレーゾーンだからということなのでしょう。

法律上、日本はギャンブル禁止がうたわれていますが、じゃあオンラインはどうなんだという事は書いてありません。書いてないことは判例(事例)に従って判断していくことになると思うのですが、今年オンラインギャンブルで逮捕されたことにより、Nettelerがこれ以上はリスクがあるなと判断したんでしょうね。犯罪に加担するサービスになってしまうので。Netteler(paysafe)もロンドン上場企業ですし、社会的責任も大きいので懸命だと思います。

 

スターズの今後の日本でのサービスは微妙ですよね、撤退するとは言っていますが。

(ちょうどBRなくなったところですがw) 下手にならない程度に継続的に続けたいところなんですが、いい方法ないんでしょうかね~。

 

作成者: muneyuki yokoi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。