シンガポールはポーカー専業に向いてる説

マカオ、シンガポール、ラスベガス、ロサンゼルスを対象としてみます。

 

住居

【Booking.com】 でホステルを探すと安いところでだいたい1,200円くらい。一か月36,000円。

上記の4か国と比べると余裕の最安でしょう。1,200円のホステルでも意外とクオリティ高いので普通に住めると思います。

 

食事

ホーカー(食堂)で食べれば一食500円以内で食べられます。日本食もそこら中に日本食が売ってるスーパーがあるので日本食食べたいときも簡単に自炊できますね。ベガスやロスだと食事が飽きそう。

1日2,000円×30=60,000円と試算。

img_1214.jpg

 

交通費

セントーサまでタクシーで行ったとしても往復3,000円かからないくらい。時間も片道15分ほど。

MRT+セントーサエクスプレスで行けば片道5SGD(400円)の往復800円。行きはMRTで帰りはタクシーでもいいかも。交通費に関してはマカオの方がタクシー使いまくっても安いですかね。

1日2,000円×30日=60,000円と試算。

 

治安

ダントツ1位でしょう。マカオも心配いらないくらいですけどね。

 

ポーカーの状況

ダントツでびりだと思います。レートが最近上がったという情報も。

10-20 SGD レーキ5% cap 50

以前行ったときはぬるいと感じたんですが、レート上がった後はどうなんでしょうか。

稼働卓も少なくなったのかもしれませんね。

 

生活費合計

ホステル32,000円+食事60,000円+交通費60,000円=152,000円。全体的な物価も他の国よりは安いです。普通の家に住もうとするとめちゃめちゃ高いですが。

生活費を計算すると1か月100BB勝てれば飯が食えるって状況ですね。これは他の国に比べてかなりいい条件なのではないでしょうか。

レートが最高に高いのと稼働時間が他の国より稼げないのが問題ですが。。マリーナベイサンズにポーカールームができれば神国なんですけどねぇ。

img_1226.jpg

img_1229.jpg

img_1218.jpg

 

作成者: muneyuki yokoi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。