リマからボゴタへの72時間バス

 

リマからボゴタまでCruz Del Surのバスで行くことにした。

ボゴタからだとアメリカまでの航空券が安いもんで。

Cruz Del Surのバスチケットではネットでも買えて、自分はネットで購入した。

Cruz Del Sur ホームページ

チケット代は200ドルくらい、飛行機だと500ドルくらいなので安いっちゃ安いんだけど、所要時間72時間超えw

リマ⇒グヤキヤル⇒キト⇒カリ⇒ボゴタって行くバスなんだけど、まぁエクアドルに一回行くってのもありだったんだけど、エクアドルでやることないのと、グヤキヤルで日本人が殺されたばっかだったのもあって、いっきにボゴタまで行くことに。

 

バスは快適といえば快適だったけど、クスコ⇒ナスカのように一席ごとにモニターがあるということはなかった。

また食事は付いてないので、昼と夜の二回、30分くらいの休憩があるのでその時に食べることになる。

映画が車内で放送されているけど、スペイン語なのでつまらんw

暇つぶし用にポーカー動画とかダウンロードしていったけどそれでもかなり暇だったな。

 

コロンビアに入国したくらいで乗客の一人がギターを弾き始めて、それにならって乗客全員が合唱!の時が一番面白かった。

あとはコロンビアの入国審査官が日本語であいさつしてきたことかな。

それ以外の時間はただ暇だったので、陸路国境にこだわる人や金が極端にない人以外は、普通に飛行機をお勧めしますね。

 

ボゴタに到着したのは夜で、そこからタクシーでホテルアラゴンへ移動。

wifi今使えないんだよねーとか言われたけど、しっかり部屋でもwifiが繋がって良かった。

荷物を置いてから街に出てみると、ポーカールームっぽい所を発見した。

Bf2wx62IAAAqjj0_R

 

実はこれただのビールの看板だったw

Cerveza(セルベッサ)はビールのことで、スペイン語でもっともよく使う単語の一つだから覚えている。

結構有名なビールのようで、地元の人もよく飲んでいた。

日本でいうところのアサヒスーパードライクラスだと思うよ。

Bf2wTkTIgAAs3zG_R

 

実際のポーカールームは、新市街にあるカジノでトーナメントをやってるのを見たけど、カジノが宿からめちゃくちゃ遠いし、既にトーナメント終盤だったのでプレイしなかった。

バイインは40ドルくらいだったと思う。

キャッシュゲームの有無は不明、テーブルは3つくらいあった。

 

 

あとボゴタの街を見下ろせる丘があって、ロープーウェーで往復1,000円くらいで行くことができる。

そこからの眺めはこんな感じ。

ボゴタは結構都会ですね。

Bf2xE1CIAAA2Q1k_R

 

そんくらいかな、ボゴタは。

iPhoneぱくられたし、あんまいい思い出がないなここは。

旧市街でも写真撮ったんだけど、ツイッターとかに載せなかったため写真は喪失した。

今ここにアップした写真はツイッターでつぶやいた写真たち。

 

しかし、ぱくられたことに気づかなかったとか相当フィッシュだったわ。

旅行最終盤で気が緩んでたのが原因かなぁ。

10泊くらいボゴタで泊ったんだけど、記事で更新できんのこんくらいだわw

あとポーカースターズしてたくらいだし。

 

というわけで次は世界一周の最終地点であるラスベガスへ行ってきます。

 



 

作成者: muneyuki yokoi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。