ペルー、リマのポーカー事情

 

ナスカから夜行バスでリマに着いたのは夜の8時くらいだった。

エクアドルでタクシー強盗で日本人が殺害ってニュースがあったばかりで、あんまタクシーには乗りたくなかったが、バス亭の近くに宿もなかったし仕方ない。

リマには桜子とか江田インとか内山田とかたくさんの日本人宿があるけど、どこも立地が悪いのでパスだ。

タクシーで、新市街であるミラフローレスのホステルに行った。

 

次の日、カジノがどこにあるのかの調査を含めてミラフローレスを歩いてみた。

リマは思ったより都会だった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ミラフローレスにあるショッピングモールのようなところ。

レストランは軒並み高い。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

観光客や外国人移住者が多いからかもしれないけど、ここらへんでは白人をよく見かけた。

リマの海岸線、太平洋をこっちの方向から見るのはこれが初めてかな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

恋人たちの公園に到着。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ケネディ公園周辺、ここがミラフローレスの中心地でマック、バーガーキング、KFC、スタバなどのアメリカ系ファーストフードの店やバーやクラブが立ち並んでいるエリア。

ここで何かの催し物をやっていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

他にもミラフローレスからバスに乗って30分行ったところにある旧市街にも行ってみたけど、写真はiPhoneで撮ってて、そのiPhoneはコロンビアでぱくられてるのでなし。

そこまですごい所でもなかったから、まぁ写真なくなっても許すけど。

 

リマのポーカー事情

ミラフローレスにあるアトランティックシティカジノに行ってみた。

カジノの二階にポーカールームがあり、夜の7時頃~朝の6時までオープン。

レートは10-20ソル(約4$-8$)とこの国としてはかなり高めに感じた。

月給10万いかないくらいの国でこのレートを打つ人ってのは、外人か観光客か地元の金持ちかだな。

トーナメントをやってる時もあったが、バイインやストラクチャーは不明。

レート高いし、このソルをそんなに持ってなかったのでクレジットカードのショッピング枠でチップを2,000ソル購入して100BB持ちでスタート。

プレイ自体は、ライブあるあるのリンプリンプがあんまない。

スティールも結構決まる。

オンラインに結構近かったかもしれないね。

そんなにでかいポットもなく、スチール、CBなどでちょっと増やして+25BBで終了。

 

次の日からはアトランティックシティカジノのレートが高い事もあって、アトランティックシティカジノからすぐのフィエスタカジノという所に行ってみた。

ここも二階にポーカールームがあって、レートは5-5ソル(約2$-2$)でアトランティックシティカジノのレートの4分の1だった。

3日か4日か通ったんだけど、糞プレイ、ティルトプレイを連発してひどかったなー。

ちなみにここのプレイ状況はライブあるあるのリンプリンプ的なやつです。

 

アーリーでQQ、5BBオープン。

俺の左隣2番目が20BB3bet、次のやつが20BBコール。

で、自分の番。

俺と左隣2番目は120BB持ちくらい、コールした奴は残り20BBくらいのショート。

コールしたやつは良く分からんけど、3ベッターはかなりルース目。

ただ3betはこの卓だとそんな見かけないし、かなりリスペクトされてる模様。

後ろでコールしたやつ、モンスター持ってる可能性もあるし、ここはフォールド?

いやいやQQでフォールドって弱気過ぎるでしょ。

コールして様子見、、、いやフロップAやK出たらチェックフォールドすんの。

とまぁ悩んだんだけどAIショブして、3ベッターAA、コーラーはフォールドw

フロップKQxで勝ちました、だったけど、ターンJ、リバーAでまくられ。

コールしててもフロップでAA降りないだろうし、結局死んでたな。

やっぱ、こいつらの3ベットレンジは、AK、QQ+っすなぁ。

 

CO(糞ルース)7BBオープンに、BUのじじいコールで、SBの俺がQJhh

コールして3wayアクション、フロップは、

Q x x hhというトップペアGK+フラドロといういい感じのフロップ。

俺チェックに、COがCB、BUが45BBくらいのレイズAI。

COの方に目を向けると、チップを数えていて、このショブにコールしそうな雰囲気、ってかこれコールするわっていう状況。

自分の手はAAやKKに対しては勝率50%くらいあるけど、セットやナッツフラドロがいるときつい。

ということでここはフォールドでしたね。

俺はAIショブしたけどw

COはAKhh(ナッツフラドロ+ツーオーバー)、BUがAQのTPTKで終了。

エクイティ10%くらいしかないのに突っ込んでしまった、下手すぎて氏にたい。

 

アーリーでAA、UTGストラドルだったので10BBにレイズ、ストラドルのやつ(50BBショート)がコール10BB。

フロップ 8 8 7でCB打つとAIが返ってきたのでスナップコール。

50BBをAAで降りるわけにはいかないですね。

出てきたのはT6oのOESDでお決まりのリバーで引かれて-50BB。

肩弱すぎて氏にたい。

肩強いとか肩弱いって表現面白いよね、これも野球から来てんのかね?

しかし、こんな糞手でコーラれてて舐められすぎワロロン。

 

BBでQTo、UTGストラドルで、珍しく俺までフォールドで回ってくる。

8BBにオープンすると、UTG(ショート40BB)コール。

フロップ J 9 x dd のOESDワンオーバー。

CBするとAIが返ってきたので少し考えてオッズコール。

Jや9ヒットとか相手なら十分すぎる。

相手はT2 ddのフラドロ、何それw

お決まりのリバーでフラッシュ引かれて-40BB。

色々氏んで欲しい。

 

他にも色々あったけど、4日間で-400BBくらい。

勉強してきます。

 



 

作成者: muneyuki yokoi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。