なかなか良かったナスカの地上絵2014まとめ【飛行機酔い注意】

 

クスコからナスカへは、クルーズデルスールのバスを使って140ソル(約5,600円)、かなり高い方のバスだったと思う。

その分かなり高級で、今まで乗ったバスの中で一番高級だった。

飛行機の中のように、一席ごとにモニターが付いており、好きな音楽や映画を楽しむことができる。

イヤホンも無料でついており、椅子もかなり後ろまで倒すことができる。

もちろん食事付きでバスの中にはもちろん清潔なトイレもある。

快適すぎるバスだったので、クスコからナスカへの18時間もあっという間だったな。

 

ナスカのバスターミナルに着いた後は、宿とナスカの地上絵のツアーの客引きの嵐。

「私は公式のツアーガイドだ、ホテル案内するアルヨ。」

公式のツアーガイドとかあんのかよ、嘘くせえ。

ただこの嘘臭いツアーガイドはホテル代金をすごく安くすると言っていたので、とりあえずホテルに目星をつけていなかったので、こいつに着いていってみた。

なるほど、ホテルの料金は安かった。

シングルで10ソル(約400円)だ、というか安くしすぎな感じさえある。

ただナスカの地上絵のツアーのごり押しがうぜえ。

話を聞いてると明らかに他のツアー会社に頼んだ方が安そうだ。

こいつの話だと、数十人乗れるでかい飛行機が100ドル、プライベートジェットのような4-5人乗れる飛行機が140ドル

「100ドルの飛行機はまん中にも席があるから、窓際に座れるかどうかは分からないから、プライベートジェットの方がお勧めアル。」と言ってくる。

 

とりあえずこいつの話がうざかったので、紹介されたホテルにも泊らず、普通のドミトリーのあるホステルを紹介してもらいそこに泊った。

値段はドミで12ソル(約480円)だった。

宿に荷物を置いて、ツアー会社にナスカの地上絵のツアーの相場を聞いて回った。

一件目、「プライベートジェットで90ドルアル。」

あの自称公式ガイド50ドルもぼってたのかwww

 

二件目、「プライベートジェットで80ドルでっせ。」

うん、もうここでいいや。

 

ナスカの街から空港まで行き、そこで飛行機の出発を待った。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

これが自分らが乗る飛行機で6人乗りだった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

それでは出発!

YouTube Preview Image

 

最初は半端なくこわかったw

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ナスカの地上絵をカメラに収める事は難しいと判明した。

下ばっか見てるし、結構地上絵が小さいので、飛行機酔いが半端ない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

だからナスカの地上絵は動画の方がいいかなーと思った。

 

【ナスカの地上絵動画集】

YouTube Preview Image YouTube Preview Image YouTube Preview Image

 

ナスカの街とかミステリーサークル的なやつとか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

全体的な感想としては、

  • 飛行機酔いが思ったよりきつかった
  • ナスカの地上絵が思ったより小さかった
  • 紹介された地上絵の3割くらいはどこにあるのか分からなかった

 

これで自分的南米ビッグ4(イグアス、ウユニ、マチュピチュ、ナスカの地上絵)が全て終了した。

南米、いや、世界一周の観光は全て完了したと言っていいかもしれない。

ナスカの次はペルーの首都のリマに行きます。

 



 

作成者: muneyuki yokoi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。