日本人宿が満員だったから普通のホステルで年越し【アスンシオン】

 

シウダーデルエステから次の行き先は、イグアス居住区かパラグアイの首都アスンシオン

イグアス居住区には、日本人宿で南米一という噂のペンション園田があるし、アスンシオンには民宿らぱちょという日本人宿もある。

ちょうど移動の日が12月29日で、年越しはやっぱ日本人宿がいいかなーと考えていた。

シウダーデルエステのバス亭に着くと、アルゼンチンの日本旅館で会った人とばったり会った。

彼はどうやらアスンシオンに向かうらしい。

彼も同様に年越しは日本人宿にする予定だったのだが、民宿らぱちょに空き状況を問い合わせた所、既に満室とのことだった。

みんな考える事は一緒のようで、年越し前の早い時期から日本人宿に居座り、そのまま長居している人が多いんだそう。

ペンション園田は、予約そのものができないようで、もし行って満員だったらその後が悲惨だ。

というかそもそも行き方が分からない。

バスに乗って、「クアレンタ イ ウノ」って言えばいいらしいけど、分かってるのそんだけだし。

 

というわけで普通にアスンシオンに行って、ホステルワールドに載ってる普通のホステルで年を越すことにした。

シウダーデルエステからアスンシオンまではバスで6時間くらい。

まぁまぁ快適なバスであっという間にパラグアイの首都に到着。

予想はしていたが、これが首都かよ、といった街の感じ。

バスターミナルに到着してから、タクシーでホステルへ移動した。

 

ホステルはスウェーデン人の旦那とパラグアイ人の嫁がオーナーのようで、旦那の方はもちろん、パラグアイ人の嫁も普通に英語を話せる。

英語の勉強の本が普通に置いてあって、努力してんだなーと思った。

宿に泊ってたのは、イギリス人女、ブラジル人男、ドイツ人老夫婦の、俺、日本旅館の彼、の合計6人。

さすがに年末だから泊ってる人は少ないね。

一番驚いたのが、みんなスペイン語話せ過ぎってことだ。

イギリス人女とか普通にアルゼンチンとかそっち系の人だと思ったわ。

ブラジル人は母国語のポルトガル語とスペイン語が似てるから、という理由だけで、普通にスペイン語話せてるし。

 

 

アスンシオンの観光

なんもないw

あんま人もいないw

夜治安悪そう。

1655201_758688594143418_669787590_n_R

 

ブエノスアイレスと似た大統領官邸。

1779365_758688590810085_843852239_n_R

 

よくある市場、どこの行っても同じ雰囲気な気が・・・。

1620230_758688597476751_1407311245_n_R

 

トラディショナル料理らしい。

味は普通。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

まぁパラグアイ自体に観光スポットがないから首都もこんなもんかね。

カジノはアスンシオンの中心地のホテルにあるやつに行ってみたけど、スロットしかないような小さいところだった。

少し外れに行けばポーカーできそうなカジノがあったけど、移動するのがだるかったので今回はパスした。

 

大晦日

大晦日の日は、ドイツ人の丸刈り女と、ブラジル人と一緒に夜ごはんを食べに行こうとした。

が、レストラン全滅w

どうやら南米の人は、クリスマスや年越しの瞬間は家族と家で過ごす事が多いそうで、あまり外出しないんだそう。

ということで、コンビニみたいな所でピザを買って食べた、しょぼい。

その後、川沿いで年越しのイベントをやるそうで3人で行った。

アーティストなんかが来て歌とか踊りを披露してはいるけど、スペイン語分からんし、たいして盛り上がってる感じもしなかったな。

カウントダウン終了後に、色んな所から打ち上げ花火が上がってるのを見てイベント終了。

この時の写真はiphoneで撮ってたんだけど、コロンビアでiPhoneぱくられて終了のお知らせ。

まじコロンビア氏んで欲しい。

 

イベント終了後は、野外のクラブイベントに行こうとしたけど、雨が降ってきてこちらも終了。

なんかたいして盛り上がらなった年越しだったなw

年明けてからは、特にやることがないので、ホステル内にあるプールにビール飲みながら入ったりしたくらい。

暑すぎてなんもやる気がしなかった。

去年は、ベトナムのフエ、今年はパラグアイのアスンシオンと2年連続で微妙な場所での年越しでしたとさ。

 



 

作成者: muneyuki yokoi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。