アイスランド観光【レイキャビク】

 

ロンドンのガトウィック空港で一泊してから向かったのは、アイスランドの首都、レイキャビク

ちなみにガトウィック空港はかなり空港泊しやすい空港だった。

wifiこそ45分しか無料で使えないものの、電源あり、綺麗、イスにひじかけがなくて横になって寝れる、周りにたくさん寝てる人がいる、ということで空港泊しやすさランキングでは自分の中で上位にランクインした。

 

レイキャビクの空港からはバスで予約しておいたcity hostelへ直接行ってくれる。

料金は2,200クローネ(約1,800円)、アイスランドクローネは、日本円×0.8くらいのレートのため、ぱっと見の値段が分かりやすい。

city hostelは、街の中心まで歩いて30分、バスで10分という立地。

hostel internationalというグループに所属していて、そのメンバーになると割引が受けられるというシステムでメンバーになった方がお得だったため、2,000クローネ(約1,600円)でメンバーになっておいた。

割引後で一泊2,200クローネ(約1,800円)、思ってたよりは高くないかな。

あと、思ったより周りに何もないとこだった。

IMG_2805_R

 

街の中心まではバスで行くと便利で一回350クローネ(約280円)、1日券で900クローネ(約720円)。

とりあえず片道で街の中心まで行ってみた。

が、バスの時刻表を見て驚いた。

30分に一本しかない・・・。

IMG_2807_R

 

30分後に乗ったバスで向かったのは、レイキャビークの街では最大の見どころのハットルグリムス教会

遠目からでも存在感がある高さ73mもある教会。

IMG_2809_R

 

ハットルグリムス教会では、中には無料で入れて、700クローネ(約560円)を払うと上に登ってレイキャビークの街を眺めることができる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

展望台からの眺め、こじんまりとした小さな街。

人口20万くらいだからねー。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

教会の後は、宇宙一美味しいと言われてるホットドック屋があるというので行ってみた。

一個380クローネ(約300円)、これでもアイスランドの食べ物の物価からすると安い方だ。

実はここがそのホットドック屋なのかちょっと自信ないんだけど、記念写真撮ってる外人もいたし、多分そうだと思いたい。

Radison Blu 1919hotelの近く。

味の方は、たしかに結構イケてる。他のホットドック屋と比べてもソーセージが大きくてぷりっとしていた。

ここは合計で3回くらい食べに行った。

IMG_2816_R

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

料理つながりでアイスランド料理ってのはどんなものなのかと思い一回だけレストランに入ってみた。

そこで肉のスープが有名そうだったのでそれをオーダー。

パン付きだけど、スープで1,500クローネ(約1,200円)するので、やっぱりアイスランドの物価はお高め。

味?普通だったな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

また、アイスランドのスーパーではビールがライトビール(アルコール度2.25%)のしか買えなくて、普通のビールが飲んでみたかったので、ここで頼んでみた。

味?甘ったるくてこれはまずかった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

これがレイキャビーク市内にたくさん見かけるセブンイレブンっぽいスーパー。

なぜか日本語のいらっしゃいませも書かれていた。そんな日本人来るかな?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

あとは適当に街をぶらぶらしてみて1日終了。

気温が-10℃以上になる時があって、死にそうだったので、ここで手袋とマフラーだけ安いやつを買った。

あと道が凍結してる所が多くて、3回くらいこけてしまった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 



 

作成者: muneyuki yokoi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。