ヨーロッパで働くためには【ロンドン】

On 11/22/2013 by muneyuki yokoi

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所でビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ヨーロッパで働くためにはもちろんビザが必要。

ビザで一番簡単に取れるのは、①ワーホリビザ

ヨーロッパでワーホリビザがあるのは、イギリスフランスドイツノルウェーの4カ国。

 

この中でドイツのワーホリビザは、ドイツの現地でワーホリのビザを申請する事が可能なため、バックパッカーでもいったん旅を中断して、日本に帰らず、ドイツで金をためるという人もいる。

イギリスのワーホリビザについては、日本人に人気のビザで、年間20,000人くらいの応募に対して、実際にワーホリビザが取得できるのは1,000人くらい。

倍率20倍という狭き門だ。

しかも特に面接で決まるというわけではないので、完全なる抽選、ようは運だ。

イギリスでどうしても働きたくて、毎年ワーホリのビザを申請しているにも関わらず落ち続けている可愛そうな人もたくさんいると聞いた。

なんでイギリスのワーホリビザが他の国に比べて人気が高いのかっていうと、こんな感じだろうか。

  • 英語圏
  • ヨーロッパに憧れがあり、ヨーロッパ旅行にも気軽に行ける
  • 他の国のワーホリビザは1年有効期限が普通だけど、イギリスは2年と他の国よりも長い
  • 仕事が他の国よりもキャリア系が多い気がする

 

どんな仕事が募集されているかは、mixBロンドンなんかで見ることが出来る。

この掲示板は、フラットの情報や、ロンドンの日本人コミュニティ情報、仕事などロンドンで生活する上で必要な情報が詰まってるので便利だ。

フランスやドイツ、ニューヨーク、サンフランシスコに、シンガポールなどにもmixBの掲示板が存在している。

お国柄、農場ファームでの仕事なんかはほとんどなくて、大多数は日系のレストラン、でもたまーに会計事務所だったり、商社での営業だったりとキャリア系の仕事もあるのがロンドンの魅力。

この歳になってから、日系レストランとか農場ファームでバイトとかできないので、ロンドンのワーホリはありといえばあり。

 

ワーホリビザの他には、会社に②ビザスポンサーになってもらうという方法もある。

会社が国にお金を払って、その人のビザを負担することになるので、相当の狭き門ということになる。

日本から一人でいきなり来て、ビザサポートしてくれる企業を探すっていうのはほとんど不可能な事みたいだ。

また、ビザスポンサーでビザを取得した場合は、会社が費用を国に既に払っているため、給料もその分低く抑えられることになる。

ワーホリビザで会社勤めして、そのままビザスポンサーをゲットしてイギリスに滞在している日本人に会ったが、その人曰く、ほとんどの日本人はワーホリの2年だけ働いてその後は日本に帰国してしまうらしい。

このビザスポンサーについては、ロンドンについては条件は厳しいが、東欧などはもう少し条件は緩めにビザを出してくれると聞いた。

ただ、東欧だと安い給料が更に安くなるけどね。

シンガポールなどのアジア圏だと、もっとハードルが低いみたいだ。

今、アジア就活、世界就職、略してセカシューなんて言葉が流行ってるみたいだしね。

 

もう一つのヨーロッパでの就労可能ビザをゲットできるチャンスは、③ヨーロッパ人と結婚すること。

これが一番ハードルが高いけど、ゲットしちゃえばEU内で自由に仕事を探すことができる。

EU圏の人達は、イギリスでも就労が可能なので、ロンドンなんかでは出稼ぎに来てる人達もたくさんいる。

特に景気の悪いイタリア、ポルトガル、スペインから来た人達は、英語の勉強をしながら、仕事を探して3カ月みたいな人達を安ホステル内でたくさん見かけた。

異国で仕事を探さなきゃいけない状況は大変だけど、自由に仕事したい国を選べるのはいいよなーと思った。

 

あと④投資家ビザなんてのがあって1億5千万円くらい持ってて、イギリスの会社に投資している実績があるとビザが下りるんだけど、そんな金持ってたらイギリスでわざわざビザゲットして働きたいとか思わないだろうな。

 

ってことで結論的にはヨーロッパで働くのって結構大変なのねってこと。

来る前までは、適当に人材派遣会社に登録すれば面接受けられたりするのかと思ったけど、日系企業でもそんなことはほとんどないみたい。

まずビザのありきが重要問題で、話はそれからって感じだった。ビザ持ってないとお払い箱みたいなね。

 

あとはどんな仕事が募集されているのか調べるのもおすすめ。

仕事が見つからない場合は、仕事が見つかるまで治験している人にも会いました。

 

次はロンドンの語学学校とか英語学習とか。

 

(夜のピカデリーサーカス)

 

世界一周ブログランキング参加してます。

下記の大きいバナーをクリックしてもらえると、自分にポイントが入って上位に行ける仕組みです(とりあえず嬉しいです)。

1日1クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。