サンクトペテルブルグ発祥の地

 

サンクトペテルブルクの発祥は、1703年5月16日、ピョートル大帝がうさぎ島と呼ばれる小島に強固な要塞を作ったのがはじまり。

ここを拠点にスェーデンと争うための足がかりにしたんですね。

その要塞の名前はペトロハヴロフスク要塞

エルミタージュの裏に橋があって、そこを渡って行くことができる。

宿からは歩いて30分くらいだったかな。

川の向こう岸に見えるのが目的地だ。

 

chin chin 0.2?

 

行く途中に船が所々に浮かんでる。

他にも業務用の漁船とか貨物船とかたくさんの種類の船が川を行き来していた。

 

 

この要塞の中心となるのが、ペトロハブロフスク聖堂

内部にはピョートル大帝から最後の皇帝ニコライ2世まで、皇帝一族の墓がある。

 

アレクサンドル2世(左)、皇后マリア(右)

 

ピョートル大帝

 

ニコライ2世

最後の皇帝ニコライ2世だけ別室扱い。

日露戦争を起こしたのも彼だし、革命軍によってシベリアに流されたのも彼。

激動の人生。

 

入場料は教会だけだと250ルーブル(750円)。

他に要塞内の博物館とか色々セットになってるチケットが350ルーブル(1,050円)だったけど、教会にしか行く予定がなかったので教会だけのチケットを買った。

ちなみにロシアの観光はほとんどの所で学割が使えるので持ってる人は使った方が全然お得。

こちらは教会内部の装飾。

 

 

教会を出て、子供たちに大人気というピョートル大帝の銅像に挨拶をして要塞を後にする。

 

この要塞の川沿いはビーチっぽくなっていて、水着で日光浴をしている人達がたくさんいた。

川っちゃ川だけど、ほとんど海に近いので水はしょっぱいのかもしれない。確かめれば良かった。

 

ビーチ化した川沿いを抜けて、うさぎ島を抜け、その後さらに20分ほど歩いて行くとこちらの軍艦を見ることができる。

バルチック艦隊、巡洋艦オーロラ号

 

このオーロラ号は、日本海海戦に向かう途中、ドッガーバンク事件で友軍の砲撃を受けた艦。

ドッガーバンク事件というのは、イギリスの漁船を暗闇の中で砲撃して誤って殺傷した事件。

当時、イギリスと日本は日英同盟を結んでいて、たくさんあったイギリス領のどこで、日本軍の奇襲攻撃が来るのか、不安でしょうがない日々だったんですね。

この日も、日本海軍がドッガーバンク付近で待ち伏せしているなんて情報が回っていて、ロシア側が神経過敏だった。

そういう日に、濃霧の中、小さい漁船を見つけて、勘違いしてどーんと・・・

日本海海戦までに、ロシア側は相当神経を削られていったんですね、これも日本がバルチック艦隊に勝った一つの要因でもあると。

 

オーロラ号の中にも入れるっていう情報があったけど、この日は入れなかった。

ちなみに、日本だと横須賀にある記念館三笠を見学することができるらしい。

日本に帰ったら行きたい所リスト行き。

 

 

バルチック艦隊からまた歩いて20分くらい。

マルスの原という革命や内戦の犠牲者が葬られたという広場。

1957年から下記の火がずっと燃え続けているとのこと。

マルスの原の永遠の火

 

 

お次はさらに5分くらい歩くと、ぺテルブルグ観光のメインの一つ、血の上の救世主教会

何が血の上かっていうと、1881年に皇帝アレクサンドル2世が暗殺された場所に立てられた教会だから。

暗殺されたアレクサンドル2世の息子、アレクサンドル3世が父の死を惜しんで、殺された場所の上に教会をたてさせたんですね。

名前とは逆に、見た目はかなりポップな印象の教会。

 

血の上の救世主教会の中に入ってみましょう。

世界で一番内部が美しい教会の一つだそうです。結構そういううたい文句のある教会は聞くけど、たしかにそれも納得する内部だった。

 

 

最後に行ったのがカザン聖堂

ここはサンクトペテルブルクのロシア正教の中心なので、観光地というよりは教会の機能が中心。

女性はスカーフで髪を隠して入らなければならないし、熱心に祈っている信者の人がたくさんいた。

内部は写真は禁止だけど、血の上の救世主教会に負けず豪華な装飾だった。

 

ちなみに自分が泊っていた宿は、このカザン大聖堂から歩いて5分くらいの所にあるオリンピックホステルっていうところ。

安いし、立地は最高なんだけど、あんまりお勧めはできないかなw

 

次回はエルミタージュ美術館編。

 

世界一周ブログランキング参加してます。

下記の大きいバナーをクリックしてもらえると、自分にポイントが入って上位に行ける仕組みです(とりあえず嬉しいです)。

1日1クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



 

作成者: muneyuki yokoi

“サンクトペテルブルグ発祥の地” への 2 件のフィードバック

  1. 初めまして。
    こちら、同様に今日の夜行バスでヘルシンキからサンクトペテルブルグに向かうところです。
    ブログ参考にさせて頂きます!

    世界陸上見られたようで良いですね!

    1. 初めまして。
      コメントありがとうございます。
      世界陸上合計で4日間見れて良かったです。わざわざモスクワの日程を世界陸上に合わせたかいがありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。