ウィーンの夜遊び【オーストリア】

On 07/19/2013 by muneyuki yokoi

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所でビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

ブダペストからウィーンへは、ユーロラインで。

2日前以降にネットで予約すると10数ユーロくらいで行けるんだけど、そんな器用な事はしておらず結局30ユーロくらい払って行った。

ウィーンは実は2年前くらいにもヨーロッパ3週間豪華一人旅の時にも行ったことがあり、その時にシェーンブルン宮殿などだいたいの観光スポットは回っているので、今回は違うところを中心に。

 

ウィーンで有名なのはザッハトルテ。

チョコレートケーキの王様なんて呼ばれ方をしている有名なケーキ。

ホテルザッハーのザッハトルテが一番有名なんだけど、今回はデメルの方のザッハトルテを食べてみた。

デメルってところは、昔ホテルザッハーが財政難に陥った時に、資金援助をした会社でその時に、ザッハトルテの販売権を貰っていた。

んでもその後に、ホテルザッハーがデメルに対して、ザッハトルテの販売指し止めの裁判を起こしている。

結果は、ホテルザッハーもデメルも両者ザッハトルテの販売が認められたというザッハトルテの負け。

そりゃそーだよねってところなんだけど。

 

こちらがデメルのザッハトルテ。

 

味は普通のチョコレートケーキを甘くなくした感じ。

ホテルザッハーのとどっちが美味しかったと聞かれると、うーん、どっちもどっちかな。

得てして有名な食べ物ってのはそんな感想が多くなるような気がしている。

 

 

ケーキを食べた後は、2年前は行ってなかったカジノに行ってみる。

事前の調べだと、ウィーンではポーカーが流行っているそうで、24時間卓が開いているカジノがあるとネットで見ていた。

カジノの名前はConcord Card Casino、略してCCC

行き方はU3の地下鉄の「Enkplatz」を降りてから6番のトラムで。

 

こちらの右にあるのがCCC。

 

で右にあるGolden time、ここはいわゆるFKK。

立地が完全に狙ってますね。

 

Golden timeを横目で見ながらCCCに入ってみると、カジノ内の80%がポーカー。

こんなカジノは初めて見た。

他にはBJやスロットマシンもあるけど、あくまでもポーカーがメインのカジノらしい。

オマハの卓もあったし、もちろんトーナメントもあった。

自分が行った時はちょうど、下記のトーナメントがあったのでそれに参加してきた。

 

60€バイイン、1ラウンド20分、たしか1万点持ち。

Deeeeeeepっつっても100BBスタートじゃそんなディープじゃなかった。

 

参加したはいいけど、手が入らずほとんど何もできずに瀕死。

最後はBBでリンパー4人に対してJ6sでオールインしたけど、A2sにこーられて何も起きずに終了。

 

ライブのトーナメントで20分1ラウンドってやっぱ短いなぁと。

オンラインだといつもやってるのだと15分1ラウンドだけど、オンラインの方が時間制限あるし、さくさく行くから参加できるハンドとしては多くなる。

となると、ライブのトナメで20分1ラウンドってあんまやる価値ないのかなぁと思ってきた。

ま、それでも1カ国1ポーカーはできればやりたいんだけどねー。

しかし、ライブ全然勝てないなぁ。オンラインの時よりもパッシブになってるのが原因なのかしら。

と言ってもオンラインでもそんな勝ててないけどw

 

ホステルに戻って、みんなでももクロのダンスを練習して就寝。

最近なぜかももクロが流行ってるんでw

この日はチャイマックスって曲がブームだった。

 

ウィーンは2泊して、ザルツブルグへ。

やっぱりオーストリアに来たからには音楽の都ザルツブルグに行ってみなきゃね。

 

世界一周ブログランキング参加してます。

下記の大きいバナーをクリックしてもらえると、自分にポイントが入って上位に行ける仕組みです(とりあえず嬉しいです)。

1日1クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。