ワルシャワのポーカー事情

 

クラクフからポーランドの首都ワルシャワに到着。

ワルシャワは自分のイメージよりは都会だった。近代的なビルが立ち並ぶ。

 

ワルシャワは中央駅近くのホステルに泊っていた。

wifiが糞なこと以外は立地も良くて値段も1,300円くらいとまぁまぁなホステルだった。

 

ワルシャワでポーカーができる所は2か所。

中央駅近くにあるマリオットホテルと、中央駅からは少し離れた位置にあるハイアットホテル。

マリアットは、夜の7時から毎日トーナメントが開催、ただし日によっては人数が集まらないで開催されないこともある。

バイインは、50ズオティ(約1,500円)~100ズオティ(約3,000円)の間が多かった。

初日は、マリオットに行ったんだけど、人数オーバーだからウェイティングリストしか入れなかったので、ちょっと様子を見てからマリオットを出た。

さすがにリエントリー2回のトーナメントのウェイティングリストに入る気はしなかった。

 

ハイアットホテルについては、夜の9時から毎日トーナメントが開催。

バイインはマリオットよりも全体的に高くて100ズオティ(約1,500円)~300ズオティ(約4,500円)。

初日はハイアットの200ズオティ、1回のみリエントリー可能のトーナメントに出てみた。20分1ラウンド、10,000チップ持ち。

参加人数は30人くらい。

アベレージくらいで4レベル目、KQでフロップトップペアでショートスタックのフラッシュドローとオールイン対決になるも、引かれて瀕死に。

K2s>Q3sなどのプリフロオールインを制するも、フリーズアウト直後のAQo当たりのオールインで負けて終了。あんま思い出なし。

ちなみにこのトーナメント、4日後くらいにスロバキアで開かれる大きめのトーナメントのサテライトだった。

1,2,位は、トーナメントバイイン、ホテル代、ワルシャワからスロバキアへのバス代などが含まれたパッケージを獲得、3位は200€くらいだっけかな。

 

2日目は、今度はマリオットのトーナメントに参加しようとするも、受付のお姉さんに今日は人が集まってないから開催されるかどうか分からないと言われ、それだったらと再度ハイアットのトーナメントへ。

バイイン100ズオティ(約1,500円)、一人2回までのリバイ、1ラウンド20分の4,000チップ持ち。

参加人数は26人。

アベレージ持ちのままファイナルテーブルへ行き、アーリーポジションレイズ、ミドル一人コールで、ボタンの自分が99。

オールインリレイズしたら、唯一の紅一点BBがKK持ってて半分くらいスタック奪われる。アーリーとミドルはフォールド。

こういう時、自分の判断が良かったのかどうか検証したいけど、相手のスタック量とかメモしてないと忘れんなぁ。

 

ショートスタックになってから、UTGの紅一点のミニマムレイズに、全員フォールドで回ってきて、ボタンの自分が再度99。

オールインレイズして、紅一点は迷ってコール。

相手の手はAToでリバーでストレートを作られて終了。

インマネが3位で6位アウト。こういう事が多い。というより本当は序盤でもっと参加率を多くして勝負していかなきゃいけないんだろうな。

今のままだとずるずるチップを減らして負けってパターンが多い気がしている。

 

最終日は、マリオットの方のトーナメントに参加。

バイイン60ズオティ(約1,500円)、リバイ2回、1ラウンド20分、で最初のチップ量は忘れた。

中盤くらいで飛び。ほとんど何も覚えてないってことはそういうトーナメントだったんだろうな。

 

全体的にレベルとしてはそんな高くないとは思った(まったく他の人を下手とか言えるレベルでは全然ないんだけど)。

さすがに終盤でチップリーダーがリンプインとか、フラッシュドローあるのにストレートドローを追ってる人がいたりとか、多かった。

ワルシャワは、トーナメントのみでキャッシュゲームはやってないようだった。残念。

飲み物も無料でバイインも高くなく、物価がヨーロッパにしては安いワルシャワのカジノはなかなか居心地は良かった。

 

 

その他遊んだゲームは、ロシアンポーカー系のポーランドポーカーとかいうやつ。

ロシアンポーカーと同じルールだと思う。ルールを把握してからはなかなか面白いなと感じるようになり、結局3時間くらいはやったかな。最終的には6,000円くらい負けたけどね。

ドロー時、1枚替えだけする時、1枚を捨てないで済んで6枚で勝負できる。

例えば88765なんて手が来た場合、普通のルールだと88を残して3枚替えるか、ストレートドローを取って8を捨てるか迷い所なんだけど、このゲームだと何も捨てないで1枚手札を増やせる。

ストレートドロー(8枚)はもちろんのこと、スリーオブアカインド(2枚)、ツーペア(9枚)のアウツもあるので、なかなか期待できるドローになる。

 

結局ワルシャワでは街歩きはせずに夜遊びばっかりしてたなー。

次はドイツの首都、ベルリンに行ってみることに。

 

世界一周ブログランキング参加してます。

下記の大きいバナーをクリックしてもらえると、自分にポイントが入って上位に行ける仕組みです(とりあえず嬉しいです)。

1日1クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



 

作成者: muneyuki yokoi

“ワルシャワのポーカー事情” への 4 件のフィードバック

  1. ポーカーわかってきたら、このブログの面白さも少しは伝わってきた!!
    今日もポーカーしようねーーー。

    1. 本当はポーカー分からなくても面白いように書きたいんだけどなかなか難しくてねー。
      機会があったら実際にカジノでやってみてね!笑

  2. 20分1ラウンドとかになるとスタックなんてあっという間に20BB下回っていきますもんね。
    どうせ1-3位までしかプライズないならガンガン行ってチップリになって様子見していくのがいいんでしょけど、
    どこまでレンジ広げるか難しいですね

    1. そうなんですよね、序盤にいくらチップを集められるかが重要だと思うんですけど、なかなか実行できないことが多いです。
      まだまだ勉強と経験、それからトーナメントでの運が必要だなーと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。