ウクライナ、オデッサへ【美女大国】

 

キシナウからウクライナのオデッサまでは電車で6時間くらい。

朝7:40分発の電車へ乗りこんだ。久しぶりに夜行列車でない朝の電車移動だ。

というか夜以外に電車で国境を超えるのはこれが初めてだな。電車の場合はほとんどが夜行列車なので。

キシナウからの電車は、こんな感じの内部。

 

事前にチケットは買ってなかったんだけど、普通に乗れた。

ただ事前にチケット売場で聞いてた値段は140モルドバレイ(約,1400円)だったんだけど、電車内では150モルドバレイ(約1,500円)だった。

これが賄賂なのか電車内で高いのかは不明だけど、言葉が通じないから確認する術がない。

モルドバもウクライナもロシア語はみんな話せるようだ。

 

オデッサへは昼過ぎごろに到着。

駅内のATMでウクライナのお金をおろし、駅内の売店で飯を食った。

ウクライナののお金の単位は、フリヴニャ、なんて覚えづらい通貨単位名なんだ。

宿は、まぁ適当に探せばあるっしょ、と油断したのが失敗。

なかなか宿自体がなく、マックのWifiにお世話になった。

2件ほど、ホステルの目星をつけ、1件目を探すも見つからず。

2件目を探すもなかなか見つからず、座って再度地図を眺めていると、「ホステル?」と声がかかる。

どうやら探していたホステルのオーナーだったらしい。

探していたホステルに連れてってもらうと、看板もないところの門にはいっていくという、なかなか探しづらい所だった。そりゃ初見じゃ分からんよ。

 

8人部屋のドミで一泊110フリヴニャ、えーと約1,400円くらい、安くはないな。

ただオデッサって黒海沿いのリゾート地でもあって、全体的に宿代が高いのよね。

ドミトリーだったんだけど、結局2泊とも誰も部屋に来なくて半個室状態だった。

 

オデッサの見どころをざっと紹介。

こちらはオデッサの階段。

有名なソ連映画の撮影場所だとか。

 

制服が海軍っぽくて可愛い。

 

港町オデッサから、イスタンブールやグルジア、ブルガリアなど、黒海沿いの街まで船で行けるみたいだ。

 

こちらは「愛の橋」なんて呼ばれる橋。

なんで「愛の橋」なんて名前が付いてるかというと、この橋に南京錠がたくさん付いていて、それに恋人同士の名前だとか記念日を書きこんでここにくっつけるらしい。

ただそこまで南京錠の数は多くなく、ドイツのケルンの方が全然多かったように記憶している。

大した見どころでもないような気がした。

 

ウクライナで初めて解禁したこと、それはカウチサーフィン

アジアだとやる気しないし、中東はなんか危ないイメージがあったので、ここでようやく試す日が来た。

とりあえず使い方が良く分からなかったので、ウクライナの首都キエフの掲示板みたいな所に、

「ウクライナ初めてなんだけど、キエフでローカルな食事が食べられるいいレストラン知らない?」的な投稿をしてみた。

別に食事にはそんな興味ないんだけど、投稿して一個も返事なかったら泣けるでしょ。

これなら返事しやすい投稿だし、ショックも受けないので。という完全に防衛本能丸だしのこの投稿。

 

結構返信が来る。

ほうほう、そのレストランがお勧めなのか。

ただ、こっから実際に会ったりするにはどうすんだ???

と思っていたら一人女の子からダイレクトメッセージが来て、「私英語あんまできないけど、コミュニケーションの仕方何かあれば嬉しいわ」的なのが来た。

この子とメッセージ交換をして、電話番号を交換した(ウクライナは久しぶりにシムカードも買った)。

ただこの子の写真を見てみると、青髪の写真だったり、変なコスプレの服着てたりと、メンヘラっぽいのよね。

まぁ人は見た目じゃないか。

しかし、他のウクライナ人、みんなウクライナ語:エキスパート、ロシア語:エキスパート、英語:エキスパート、スペイン語:ビギナーな感じで語学が堪能な子が多い。

みんな優秀なんだろうなあ。

 

日本語でウクライナについてググっていると、ウクライナ女性との結婚出会い系サイトを見つけた。

なんてニッチな所を攻めてるビジネスなんだ。ちなみに料金はニッチなサイトだけあって結構高めだ。

そのサイト曰く、ウクライナ人の35歳男性は、ウクライナ人女性の35歳女性の半分しか人数がいないらしい。

ウクライナ人男性は50%がアル中で、短命だからとのことだった。

だからウクライナ人女性は国際結婚したがる人が多いという流れだったが、実際にファクトのデータを調べてないので何とも言えない。

でも実際にそんな男女バランスの国だったら驚きだなぁ。

 

俺の中で、世界で一番可愛いのはウクライナ人っていう仮説があるんで、ウクライナでは頑張ります。

アルメニアに続いて美女図巻も作りたい。

ヨルダンの日本代表選の時、一緒に行った人が、一生懸命観客席の写真撮ってて、「何撮ってるの?」って聞いたら、

「日本人の可愛い女の子」と。

この時、望遠レンズ最強だなと感じたね、隠し撮りし放題だもん。

 

まぁいいや、しばらくウクライナ編続きます。

 

世界一周ブログランキング参加してます。

下記の大きいバナーをクリックしてもらえると、自分にポイントが入って上位に行ける仕組みです(とりあえず嬉しいです)。

1日1クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



 

作成者: muneyuki yokoi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。