グルジアからトルコへ【20カ国目】

 

スリコの家からバスターミナルへ行き、バトゥミ行きの乗り合いバスに乗った。

バトゥミに泊りたいなと思えればそこに泊ろうと思ってたし、トルコに移動しようと思えばそん時にまたバスで移動するつもりだった。

10時頃にクタイシを出発した乗り合いバスは3時間後くらいにバトゥミへ到着。

 

黒海沿いの港町だ。バトゥミのフェリーターミナルからもウクライナまでの定期便があるらしい。でも今はまだウクライナには行かない。

黒海に沿っている国は、グルジア、トルコ、ブルガリア、ルーマニア、ウクライナ、ロシアだ。黒海沿いを渡っての日本帰国も悪くないルートだな。

そう、日本に陸路・航路で帰る基本ルートは、ロシアに行ってのシベリア鉄道だ。まぁロシアビザがどうなるか分からないんだけどね。

リトアニアのヴィリニョスってところで簡単に取れるとは聞いてるんだけど、実際はどうなのかは行ってみないことには分からない。

 

バトゥミに着いてからの印象。

うーんと、まぁ移動するかと思った。ほとんど情報がなかったし、泊るにしろどこに泊ればいいのかが分からなかった。

アルメニア、グルジアとほとんど一人で移動することはなかったので、久しぶりに一人で移動していることになる。

バスターミナルの場所を人に聞きながら、バトゥミのバスターミナルへ到着。

なかなか大きいバスターミナルのようだった。ここからほとんどの地域に行けそうな気さえする。

イスタンブールの文字も見える。一気にイスタンブールに行ってしまってもいいな。。

 

バスターミナルをさまよっていると「トラブゾン!?」と声が聞こえてくる。

ふむ、やっぱトラブゾン行っておこう。声をかけてきたバス会社にて、バスチケットを購入@1,200円くらい。

トルコは、そんな興味がない国でがっつり回ろうとは思っていない。

パムッカレ、カッパドキアなど有名観光地も多いが、日本からのツアーも充実していて、10万円くらいで回れるのがトルコだ。

今バックパッカーとして、それらの有名観光地を回る気はしなかったんだ。

 

じゃあ、どうやってトルコを横断しようか。

それのヒントにしたのが、深夜特急のトルコ編だった。

彼の行ったルートは、エルズルム⇒トラブゾン⇒サムソン⇒アンカラ⇒イスタンブール。

俺はなぜかサムソンという地名に引かれた。地球の歩き方には1ページだけ申し訳なさそうに載っている程度の港町だ。

また、沢木耕太郎は、黒海を航海しようとし、トラブゾンからサムソンまで船で行こうとしていた。

黒海を航海、ってギャグのつもりなのか。でもそれも面白そうなトルコ横断の仕方だ。

 

エルズルムってところは、バトゥミからちょい行きづらいので、近いトラブゾンに行くことにしたのだ。

トラブゾン行きのバスに乗り込むと、スリコの家で会ったアメリカ人のおっさんがいた。

彼もまた西周りで世界一周中だ。

昨日は、グルジアのメスティアに行くと言っていたが、今日になって急にバトゥミに行くと言い出し、メスティア行きの乗り合いバスを予約していたメディコを困らせていたおっさんだ。

アメリカ人のおっさんはメスティアに確実に行くとは行ってなかったようで、メディコとの会話にミスコミュニケーションがあったんだろう。

メディコはそこまで英語を話すことはできないが、アメリカ人のおっさんはネイティブスピードで英語を話してたから生まれたミスコミュニケーションなんじゃないかと思った。

英語がネイティブの人は、あまり現地語を話さないで、英語でごり押してる傾向が強い気がするな。

英語がどこでも通用するとか思ってんじゃねえぞ。

 

バスは乗客4人しか乗っていないが、普通に出発した。

客が集まるのを待つといった事がないのがいい。でも乗客率10%じゃさすがに赤字なんじゃないかなと少し心配した。

バトゥミから1時間ほどでグルジア-トルコ間の国境に到着。

とてもきれいな国境で、真空地帯も少なく特記事項なしの国境だった。

 

トルコに入国し、これで20カ国目だ。長かったような、短かったような。

今7ヶ月、約210日で20カ国なので、1カ国あたり10日(1週間半)か。いいペースになってきた気がするな。

これから東ヨーロッパに入るのでこの日数がどんどん少なくなっていく予定。

トルコ国境を出ると、自分達が乗ってきたバスを探すのに苦労した。

トルコ人達がこっちだよ、と教えてくれなかったらバスをミスしていたかもしれない。

自分が乗り込むとバスはすぐ出発した。

あのアメリカ人のおっさんは乗っていなかったけれどな。

 

乗客率10%のバスは、小さな町に行っては乗客を探すという行為を続けながらトラブゾンを目指した。

その甲斐あってか、一時は乗客が6人ほどにはなったが、このバスは40人乗れるのだ。なんて贅沢なバスの乗り方なんだ。

トルコ国境から4時間ほどでトラブゾンに到着。

モスクも目に着くし、何よりスカーフをかぶった女の子も結構見かける。

そう、トルコはイスラム国家なのだ。

イランを出てノーモアイスラムと思っていたのに、また戻ってきてしまったか。

 

次回、トラブゾン編を更新。

 

トラブゾンの黒海。

黒く見えるかと言われれば黒く見えるかもね。

 

世界一周ブログランキング参加してます。

下記の大きいバナーをクリックしてもらえると、自分にポイントが入って上位に行ける仕組みです(とりあえず嬉しいです)。

1日1クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



 

作成者: muneyuki yokoi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。