アルメニアからグルジアへ

 

アルメニアからグルジアへ。

アラベルディからアルメニアの国境まではタクシーで1時間、3人でシェアしているので、1人3€くらいで行けた。

国境の通過は特段書くことがないくらい楽。

イラン-アルメニア国境や、ヨルダン-イスラエル国境など3時間くらいかかった国境通過に比べて、アルメニア-グルジア国境は20分くらいで通過できた。

グルジア国境から、グルジアの首都のトビリシまではミニバスが出ていて、一人300円くらいで2時間の移動だ。

 

トビリシにそのまま泊るんだろう、と思わせておきつつ、実はこの日のうちに違う街に移動した。

グルジア軍道の最終地点のカズベキという街。カズべキスタンではないよ。

このグルジア軍道の景色が絶景だというので、とりあえず俺も行ってみることにしたんだ。

トビリシからカズベキまではミニバスで600円、3時間の移動。

このミニバスはバスターミナルから出ているんだけど、そこはお世辞にも雰囲気がいいと言ったところではなかった。

アルメニアよりもちょっとダークな感じだ。

その割にアルメニアよりも食事の価格帯がちょっと高く、アンバランスな印象を受けた。

外務省の治安情報もグルジア全体で注意しましょうレベルだし、行っちゃダメですレベルの場所もあるもんな、グルジアは。

コーサカス3カ国(グルジア・アルメニア・アゼルバイジャン)で一番治安がいいのはアルメニアだそうだ。一番悪い国は分からん。

 

さて、ミニバスから見えるグルジア軍道の景色は、なるほどたしかにいい。

ロードオブザリングに出てくるような風景だった。

途中途中で雪山の近くも通っていく。冬季はスキー場になっているとのことだ。

 

カズベキに到着し、ミニバスを降りると宿の客引き合戦が始まっていた。

しかし、自分達は事前に泊る宿を決めていた。

エレバンの時に一緒になったポーランド人がお勧めしていた宿だ。彼らは絶対そこに泊るべき!と言っていたので、とりあえず初日はそこにしようということで。

 

annoi hostelというところで、値段は素泊まりで一人1,200円。グルジアの物価としては若干高いのだが、ここは観光地なのでどこの宿もそれくらいするのだ。

朝飯も夕飯も600円、ちょっと高いっちゃ高いんだけど、周りにレストランがほとんどないため、多くの人は宿で食事を取るのがカズベキシステム。

窓の外からは大きい雪山が見える。

 

そしてここはロシアとの国境近く。

ただし、第三国の外国人はこの国境を越えてロシアに行くことはできない。

グルジア内で、ロシアが勝手に独立させた自称国家のようなところがいくつかあって、そこはすこぶる治安が悪いみたいだ。

グルジア内なんだけど、グルジアから入ることはできずにロシアからしか入れないという謎の地域。

 

なんなんだ、グルジアっていう国は。

とりあえず、グルジア編はテキサスホールデムではなく、山登りからスタートです。

 

世界一周ブログランキング参加してます。

下記の大きいバナーをクリックしてもらえると、自分にポイントが入って上位に行ける仕組みです(とりあえず嬉しいです)。

1日1クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



 

作成者: muneyuki yokoi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。