【負け続き】アルメニアのポーカー事情

 

アルメニアにもポーカーあるのかな、そう思い様々なワードを元にググってみる。

あまり情報が出てこない。

英語でググっても、対ディーラーとのテキサスホールデムは出てくるんだけど、リングゲームやトーナメントがあるかどうかは不明だった。

そんな中、エチミアジンに行く途中に発見してしまったよ。

「Poker Club」という店をね。

※キリキアバスターミナルから、エチミアジン行きのバスに乗って10分くらい。カジノが大量にあるミニラスベガスのような地帯があるのですぐ分かるはず。

 

これは、ホールデムあるな、そう思ってエチミアジンの帰りに向かってみるとビンゴ。

トーナメントも毎日開催されているらしく、中にはたくさんのアルメニア人、もしくはロシア人がいた。

ふむ、アルメニアは結構ポーカーは流行ってるみたいだな。

初めて行った時は、金がなくATMに行っても金が下ろせなかったので、プレイはしなかった。

他にも何件かカジノを回ったが、リングゲームやトーナメントができるところは発見できなかった。

対ディーラー式のは結構あったんだけどね。

 

次の日、早速このPoker Clubに行ってみた。

行ってみると、トーナメントのサテライトで、2位以内に入ると、バイイン120ユーロのトーナメントに出場できる権利を貰えるフリーロール(無料)のトーナメントが開催間近だった。

ま、無料だからとりあえずやってみるかと参加。フリーロールのトーナメントは初めてだ。

フリーロールはあるが、リバイもあって、リバイする場合は、一回15€くらい。

参加者は全部で50人くらいだったのかな。平日の昼間なのに結構数が集まってたように感じた。

仕事しろおまいら、あ、俺もか。

 

結果は、思い出ハンドもあまりなく、25位くらいで終了。

フリーロールだからか、おいおいこいつ大丈夫かってやつも多かった。

例えばプリフロップでリンプインが5人いて、BBの彼、普通にチェックすればいいのになぜかフォールド。

リバーでへっズアップ、前のポジションの人がチェックすると、後ろの人がマック。おいおいそこは負けてるの分かっててもチェックして、相手のカードチェックしてくれよ、みたいなのも多かった。

 

リバイせずにキャッシュゲームの方に向かった。

人数は5人~7人くらいしかいなかった。

レートは1-2€、ミニマムバイインは80€、上限はなし。

結果はね、惨敗orz

詳細書きたくねええ。-250€

もう俺死ねよって思ったね。まぁもちろん、たった1日だけの結果では何とも言えんのですけどね、このゲームは。

なんていうか、もっとプロ意識を持たなきゃ駄目だなと思った。もちろんプロでもなんでもないんだけど、気構えというかそういうところね。

ホールデムをただのギャンブルとしてやっちゃおしまいだぜ。

 

借りは・・・グルジアで返すよ。

グルジアのカジノ情報調べてたら発見してしまったんだよね。

グルジアの首都、トビリシにあるカジノ、毎日トーナメントもあるし、24時間キャッシュゲームやっているって書いてある。

トーナメント一週間全部出ても500$くらい、ここでちょっと頑張ってみたい。

本当はラスベガスでこういう事をやってみたかったんだけど、グルジアで挑戦だな。

一週間、トーナメント+キャッシュゲーム漬け、勝っても負けても収支は晒す。20万くらい負けても文句なし。

もちろん、人が全然いなかったりしたら企画倒れだけどね。

 

ということで、もうちょっとしたらグルジアの首都、トビリシに向かいますよー。

 

世界一周ブログランキング参加してます。

下記の大きいバナーをクリックしてもらえると、自分にポイントが入って上位に行ける仕組みです(とりあえず嬉しいです)。

1日1クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



 

作成者: muneyuki yokoi

“【負け続き】アルメニアのポーカー事情” への 4 件のフィードバック

  1. 世界のポーカー事情が日本語で読めるなんてありがたいー
    更新楽しみにしてます!お体に気をつけて、頑張ってください。幸運を!

  2. そんな時もありますよね。
    トーナメントウィーク結果楽しみにしてます。

    1. >katukiさん
      そうですよね、次に切り替えます。
      トーナメント頑張ってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。