世界の半分があるエスファハン

 

エスファハンには世界の半分がある

エスファハンの中心地に、エマーム広場という巨大な広場がある。

この広場は1598年に政治・経済・信仰の全てを集約した最高の広場を作ろうと計画し、完成に何十年もかけて作った広場だ。

イランで最も有名な観光地といってもいいかもしれない。

大きさは縦510m、横163mで、世界に2番目の大きさの広場と聞いた。一番大きいのは北京にある広場だとか。

 

この広場にあるモスクがマスジェテ・エマームという有名なモスク。

入口から45度曲がったところに、実際に祈る場所がある。なぜ曲がっているかというとメッカの方角に合わせるためだ。

 

中に入るのには、5$くらい。それくらい払うよね。ここがエスファハン、いや、イランのメインだもの。

 

夜のエマーム広場もなかなかだった。

 

たしかに、こんだけすごいと、世界の半分があるとか言っちゃう気も分かるな。

 

エマーム広場では他にはペルシアJKやかっこつけたがる少年と戯れたりしていた。

 

エスファハンの良さはかなり伝えられたと思うので、街歩きを再開。

今日はどうやら何かの祭りをやっているようだ。

噂では誰々が死んで、それ関係のパレードをやっていたようだ。

まるでドラクエのコスプレをしているようだ。

 

周りで見ているイラン人。

ペルシア美女撮りたいんだけど、なかなかチャンスが巡ってこない。

イランでは、黒いチャドルを着た女性と、スカーフで髪を隠す女性と、大きくわけて2通りいるんだけど、若ければ若いほど、都心に近付けば近付くほど、スカーフ着用率が高いと思われる。

 

祭りの期間中は祝日になっているとのこと。

イランは毎週の定期の休みが金曜日の1日しかない代わりに、不定期の祝日がかなり多い。

例えばイラン歴の元旦休みは、約2週間くらい。

 

エスファハンも2泊、最近いいペースで進んでいる気がする。

アンマンでの代表戦以降、一個の都市で最大3泊だ。

続いて行くのは、聖地マシュハドへ。

聖地って聞くと行ってみたくなるのは、イスラエルに行ったからだろうか。

 

エスファハンからマシュハドまでは約20時間・・・。

久しぶりに長いバス旅になりそうだ。

 

世界一周ブログランキング参加してます。

下記の大きいバナーをクリックしてもらえると、自分にポイントが入って上位に行ける仕組みです(とりあえず嬉しいです)。

1日1クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



 

作成者: muneyuki yokoi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。