ジャカルタは都会でした


 

ジャカルタの有名な観光地モナス(独立記念塔)へ。

ガンビル駅の近くで安宿街ジャランジャクサからも徒歩10分くらい。

こちらがそのモナス。

たいしてでかくないようにも見えるけど、高さ137メートル、日本で言う東京タワーのような存在らしい。

 

このモナス、上にも登ることができる。上に登るのに待っている人達。

入口はここからちょっと離れた地下へ続く階段を下ったところにある。地下からしか入れないんですね。

 

登るのに結構人が待っていて、1時間くらいの待ち時間があった。

こんな時に、買っといてよかった「坂の上の雲3巻」。

シンガポールの紀伊国屋書店で3巻~5巻を入手しといたんで。1冊1,000円くらいするんだけど、まぁ日本で買っても700円なんで。

今はインドネシアにいるけど、気持ちの上ではロシアと戦ってます。日露戦争真っ只中です。

 

1時間待ってたどり着いたモナスのてっぺんからの景色。

 

こちらはガンビル駅へ向かっているジャカルタの電車。

旧都営地下鉄三田線の車両を使っているらしいけど、見た目だとちょっと分からない。

 

てっぺんから見た景色は、思ったより数段都会だった。

東南アジアの首都の都会度ランキングはこんな感じかな。あくまでも俺の感覚上です。かつハノイは行ってないけど。

シンガポール>クアラルンプール>ハノイ>バンコク>ジャカルタ>マニラ>プノンペン>ビエンチャン

 

人口でのランキングは以下の通り。ソースは適当にググってるだけなのであんま信頼性はないですが。

ジャカルタ(1,010万人)>バンコク(828万人)>ハノイ(644万人)>シンガポール(518万人)>マニラ(165万人)>クアラルンプール(162万人)>プノンペン(100万人)>ビエンチャン(21万人)

これを見るとジャカルタが東南アジア最大の都市と呼ばれるのもうなずける。

 

さて、モナスてっぺんから降りる時ももちろん並びます。でも行きよりも全然待たないで済んだのは幸い。

 

モナスを降りて、近くのレストランで昼ごはんを食べた後は、公共バスに乗ってブロックMというエリアに行った。

ブロックMというショッピングモールがあるからブロックM、バス1番線の終点で中心地からちょっと離れている。

 

このエリアには日本人向けのレストラン、カラオケ、バーなどが固まっている。

ジャカルタ駐在の日本人向けの一大歓楽街なわけですね。

でっかい日本食レストラン屋もある。

 

居酒屋「優子」、カラオケ「すばる」的な名前の店がたくさん。

現地日本人ニーズがそれくらい大きいってことですな。イメージ的には商社とかジャカルタ勤務多そう。

 

とは行っても昼間行ってもただの汚いエリアだったので、さっさと宿に戻ることにした。

JKT48のチケット?

一般抽選みたいなのやって、余裕の落選です。

 

世界一周ブログランキング参加してます。

下記の大きいバナーをクリックしてもらえると、自分にポイントが入って上位に行ける仕組みです(とりあえず嬉しいです)。

1日1クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 


 

 

作成者: muneyuki yokoi

“ジャカルタは都会でした” への 2 件のフィードバック

    1. いま思うとそうかもしれませんね。ジャカルタよりマニラの方が都会かもです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。