マカオから中国本土へ


 

もうマカオでポーカーできるだけの資力がないので、マカオを出ることにした。

マカオから中国本土へ簡単に出られるんですよね。マカオっててっきり島でフェリーでしか行けないところだと思ってたんだけど、中国本土の珠海ってところと陸路で普通に繋がっていた。

マカオ側のボーダーまではタクシーで行った。「ツーハイゴンベイ」って言えば通じた。どういう意味なのかは知らない。多分地名だとは思うんだけど。

公共バスでツーハイ行きのバスがあるんで、それに乗ってもボーダーまで行けるはず。

 

さてマカオ側のボーダーは、国境といえばいいのかは分からないが、今まで経験したどの陸路国境よりも豪華だった。

金持ってるからな、ここに来る人達は。

 

ポルトガル語も。マカオは昔ポルトガルの植民地だったようなので。

 

ちなみにマカオでは、公共のwifiが飛んでいて、ホテルのwifiを使わずともfacebook、twitter、ブログなど見ることができた。観光地や人が多く集まるスポットに飛んでいる「wifigo」というのがそれだ。

自分はセナド広場というポルトガル統治時代のマカオ府市庁前の広場で、パソコンを広げてwifiを拾っていた。

夜は本当寒かったなぁ。そろそろ服買わねば。

 

ボーダーを抜けて初の中国本土入り。

いやー都会だわ。都会だろうと思ってきてるけど、やっぱ都会なんだなぁ。東南アジアから来たから余計そう思うのかもしれないけど。

 

ボーダーを出てすぐ左の方にあるバスターミナルから違う街に行ける。確認したらシンセンや広州市、上海行きなんかもあった。

また、このボーダー近くに新しく電車の駅も開通したらしく、どんどんマカオに行きやすくなっているらしい。

 

自分はというと、とある村というか島に来た。ほとんど何もない。

オフシーズンということもあって人がほとんどいないし、レストランも閑古鳥。海だし、夏がオンシーズンのようだ。

街中ではおばさん達が麻雀をしていた。

 

ちょっと見学させてもらうと、日本の麻雀とは全然違うみたいだった。

まず牌がかなりでかいし、東南西北白発中の字牌がなかった。

捨牌も日本みたいにきれいに並べるんじゃなくて、みんな適当に捨ててどれが誰の捨牌だか分からない。後で調べたら中国麻雀にはフリテンの概念がないんですよね、どーりで適当に捨てもいいわけだ。

 

この麻雀、街中のいたるところでみんながやっていた。ホテルの従業員も客がいなすぎて暇なのか、日中はみんなカードゲームか麻雀をしている。

俺も参加してみたいなーと思ってはいるんだけど、何といっても言葉の壁が大きすぎる、中国は。

 

食事の時も漢字オンリーのメニューを出されて、適当に注文して、何が来るかは出てくるまでのお楽しみみたいな状態。これなんですかとかお勧めありますか、なんて聞けるわけないし。漢字だから何となくの想像はできるんだけどね。

昨日は明らかに日本と同じ漢字だった麻婆豆腐を注文して当たりだった。

 

ホテルのロビーの人も中国語オンリーで、こっちが中国語分からないとみるといきなりまくしたててくるので、なんだか怒られてる気分になった。悲しくなるというよりは意味が分からなすぎて笑える気分。

中国で筆談できるのが日本人の特権だけれど、正直意思疎通できるのは2割~3割くらいのレベル。中国語オンリーで書かれた本、何となくの意味は分かるけど理解できるのはそんなもんでしょ。

筆談+ジェスチャーで、まぁ交通機関とかホテルは行ける(気がする)。

 

あとは、普通の会話なんだけど、ネット環境があればグーグル翻訳にぶち込んで翻訳してもらうってのが一番良かった。

中国語が打てるように、パソコンとiPadのキーボードにピンインで中国語入力できるやつを導入したからね。

これで7~8割は意思疎通できるようになった。それでも変な日本語に翻訳される時とかは???ってなるけどね。

 

俺大学時代の第二外国語中国語だったから、ほんの少しの単語くらいは覚えてるんだけど、それだけじゃ全く役にたたねーなぁ。とは言ってもそこまで真面目に勉強する気にもならなかったし、今も別にもっとまじめに勉強しとけばなぁという後悔はない。

でも今は中国語ちょっとだけ勉強してみようかなぁという気にはなっている。英語通じる人がここまで少ないとは思ってなかったなー。もちろん都会に行けば少しはいるんだろうけど。

 

さて、これから中国のどこに行こうか。最近はほぼガイドブックというか地球の歩き方を見るのをやめた。

ガイドブック見ながらだと、RPGを攻略本見ながらやってるような感覚になってあんま面白くなくなってきたのよね。

初見、攻略本なし、ノーリセット、これでいきたいと思います。

 

世界一周ブログランキング参加してます。

下記の大きいバナーをクリックしてもらえると、自分にポイントが入って上位に行ける仕組みです(とりあえず嬉しいです)。

1日1クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 


 

 

作成者: muneyuki yokoi

“マカオから中国本土へ” への 4 件のフィードバック

  1. お!
    ついに4000年の歴史の中国大陸~

    いいなぁ、中国・・

    あぁ、そうだバンコクにいる時にウイグル自治区から中国~ラオス横断
    してきた人にオススメされたアプリがあるんだ。

    BitEx辞書(中国語辞書)

    まだ、現地で試していないけど日本語で中国語の
    単語を調べれるのはzhe ge hao。

  2. >KISさん
    有料アプリみたいだねー、250円かぁ。
    中国大気汚染がやばい&旧正月前で旧正月に突入すると宿や移動費が倍になるということで、あんま時期がよくなかったかも。
    やっぱ広すぎて15日じゃ全然足りなそう。

  3. 初見じゃきつそうですね、中国は。ハードモードをプレイしてるようなもんかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。