マカオで大負けの1日

On 01/17/2013 by muneyuki yokoi

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所でビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


 

マカオ4日目の前に、昨日久しぶりにシャワー浴びたりサウナ入ったりしなのは前にも行ったことのある東方SPA。

12時間入れて、飯・飲み物食べ放題、プール、サウナなどが無料で30分か1時間置きくらいにショータイムがある。有料でマッサージやらもっと豪華な食べ物やらカラオケができる施設もある。

これで4,000円くらい、だったと思う。

もちろんマカオなんで、ゴーゴー系の事もできるんだけど、ゴーゴーの3倍くらい値段は張る。そんくらいの価値はありそう。なんたって中国人って12億人とかいるからね、そりゃ超モデル級もたくさんいる罠。

 

 

マカオ4日目

この日はあまりポーカーする気にはなってなかったけど、一回も行っていなかったスターワールドのポーカールームに行ってみる。

何はともあれ、新しいポーカールームに行くのはわくわくする。建物の形としてはマカオで一番好きだったりする。

 

1時間くらい待って25-50$卓に入れた。

一人強い人、というか俺がこてんぱんにやられたおっさんがいる。

どうも狙われた感がある。

 

今日は手は入る。QQ,KK,そしてマカオ4日目にしてようやくのAA。

でもこれらの手がことごとくマイナスに。

 

AA持ちの時は、フロップ、5,5,9でおっさんポケット9、もう一人5持ち。

KK持ちの時は、フロップ、4,5,8でおっさんがものすごい勢いでレイズしてきてダウン。

なんだろう、CBだってのがばればれですよってことでブラフしてるのか、マジ手なのか全然分からなかった。

 

始まって2時間くらいで-8,000HK$(-88,000円)。こんな事ってあるのか。

ふわふわした感じになったというか焦りまくった。

もう3日分の勝ち分をほぼ吐き出してしまっていた。

 

そしてマカオでのファイナルハンドはQQ。

アーリーポジションから3BBにレイズしておっさん含めた4人がコール。

フロップは、8h,9s,Kh、ストレートドロー、フラッシュドローも見えるボード。

BBがチェックで、自分はキングがあるボードだけど、CBを打っておっさんコールで、後はフォールド。

 

でターンカードは、Qs。

自分はQのセット、おっさんはキングヒット、フラッシュドロー、ツーペア、8or9のセットなどが考えられたけど、それらには全て勝っている。

自分はまたベッドするとおっさんがレイズしてくる。

ちょっとかっとする自分。はぁふざけんなよ、俺Qのセットだぜ?

リレイズする。

 

するとおっさんは、オールインリリレイズ。

なんだよ、まじかよ、スペードかハートのフラッシュドローだよね。

オールイン即コール。

リバーカードはJk。自分は(QQ)QKJのQのセット。

さて、おっさんは。

 

 

10,J持ちだった。89(10J)QKのストレート。

ストレートとスリーカード、勝つのは?

 

そうストレートですよね。すっかりストレートのことは頭から離れていた。おっさんに対して相当ムキになったのもあるけど、すごい見落としだった。

でももし冷静にターン時点では10J持ちのストレートがベストハンドだったと分かってたとしてもフォールドできたかは微妙だ。というか多分できなかっただろう。

 

ターンのリバーカードQはおっさんのストレートを完成させるカードで、俺のセットになるカード。自分にとってはデスカードだったようだ。

これで-9,000HK$。

 

ははは、今日のポーカーで-17,000HK$(約195,000円負け)。ひでーなぁ。

通算でも-7,000HK$(約80,000円負け)

 

時間はまだ昼の3時。ポーカーを始めてから2~3時間しか立ってない。

やることがない。もう賭けるだけのキャッシュがない。ホテルに帰って不貞寝することにした。

 

 

しかしここで終わらないのが俺。

そうだ、せっかくマカオ来たんだし、有名なバカラやってみるか。これで負け分を取り戻そう(馬鹿)。

起き上がり、相性の良かったグランドリスボアに向かう。相変わらず気持ち悪い建物だぜ。

 

ATMに向かうとマックスで引き出せるのは2,000HK$(約23,000円)だけだった。結果的にはこれが良かったかもしれない。

2回引き出して、3,000HK$をゲットし、バカラをやってみる。

 

カード絞るやり方は分からなかったので、テキサスホールデムっぽいカードの見方になっていた。でも自分で最初にカードを見れるのは楽しいね。

カード絞りたいがために、誰もベットしてない方にベットする人とかいるでしょ絶対。

 

AKとかきたとき、一瞬おっとなるけど、バカラだと糞手なんですよね。

バカラは3枚のカードの合計が9に近い方が勝ち、絵札は0点、10以上になったら1桁目の数が点数。

だからAKってただの1点だから糞弱い手。AAも同様にただの2点。

逆にテキサスホールデムだとぱっとしないK9とかが最強手なんですよね。

これは不思議な感覚。

 

あぁバカラの結果ですか?

 

-3,000HK$(約3万4千円負け)だよーそりゃ。

 

この日はトータルで-20,000HK$(約23万円負け)、4日間通算で10,000HK$(約11.5万円負け)

いや、俺もびびったわ。1日でこんなに負けるもんなんだぁ。

 

真面目に働くのが一番だよ、みなさん!!!こんな風に思った1日だった。

 

世界一周ブログランキング参加してます。

下記の大きいバナーをクリックしてもらえると、自分にポイントが入って上位に行ける仕組みです(とりあえず嬉しいです)。

1日1クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 


 


2 Responses to “マカオで大負けの1日”

  • ゆうた

    なんていうかギャンブルってだめだとおもうとだめなもんだよね。
    中国人の絞り方は顔の表情も本気ですごいよね!

  • muneyuki yokoi

    中国人バカラに本気過ぎて怖い。
    マカオでのポーカーはかたき打ちよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。