勝ちモードからの(マカオ)


 

マカオ2日目

興奮と隣の中国人のおっさんが朝からうるさかったこと、延泊するって言ってんのに何回もチェックアウトラ?と言ってくるおばさん(英語通じなかった)のせいであまり眠れなかった。

明け方の7時くらいに寝て11時くらいに起きた感じだろうか。

 

いつもは2度寝できるのに、この日はできなかったため、早速ポーカーをしに行く。

ちなみに昨日からシャワーも浴びてないし、服も変えてない。

一種のゲン担ぎってのもあるし、時間がもったいないってのもあるし、宿のシャワーをあまり使う気にならないってのもあった。

 

この日は、ヴェネチアンのポーカールームを目指すことにした。

ヴェネチアンは、自分の宿とは別の島にあるのでちょっと遠い。

 

行き方は全く分からなかったが、バス停に行って、それっぽいバスに乗ってみたが、違う島には行ってくれずに近所をぐるっと一周回るだけに終わった。

バスはマカオにしては一回40,50円と安いので大した出費にはならない。

 

とりあえず確実に行けるであろうフェリーターミナルにバスで向いそこからヴェネチアンの無料シャトルバスに乗った。

ヴェネチアンは、イタリアのヴェネチアをモデルにしたベガスにもあるホテル、たくさんの観光客でにぎわっていた。

 

あぁこういうところに彼女ときたら楽しいかも、、、

 

とかは一切思わずに、颯爽とポーカールームを目指す。

 

レートを見て見ると25-50と50-100がある。レートを低くしたかったので、25-50のウェイティングリストに登録するも、「17人待ちでーす、しかも1卓しか稼働してませーん(のでプレイできるまで時間かかりますよ)」

と言われたが、とりあえず待ってみることに。

 

近くのフードコートでうな丼を食べて時間をつぶしてもう一度ポーカールームに戻ってみても一向に順番待ちのリストは消化されていなかった。

50-100ならすぐ入れるみたいだったので、仕方なく50-100で10,000$バイインしてプレイすることにした。

 

結果は、8,800$(約10万円)。ハンドで思い出に残ったのはあまりない。

着実にチップを増やせた感じだ。そもそも勝ったハンドより、負けたハンドの方がより強く印象に残っているので、負けたハンドが少なかった日だったかもしれない。

ウィンよりもヴェネチアンの方が観光客が多くフィッシュが多い印象を受けた。

 

マカオ1日目と2日目で14,400HK$、約165,000勝ち。

 

うん、いけるっぽい。これは稼げるだけ稼いじゃおう!!!

 

この時はそう思ってたね、うん。

 

 

帰りにリスボア寄って回遊魚見て、カジノも見てきた。

ここリスボアは深夜特急の舞台にもなったカジノだと思うだんけど、本当昭和のばくち場みたいで見てるだけでも結構楽しい。

サイコロのやつで、天高くチップを積み上げてる(1メートルくらいチップをオールインしてた)おっさんがいたりして面白かった。熱気がやばい。

ホテルに戻ってからは1日目にあまり眠れなかったので、2日目は早めに寝た。

 

マカオ3日目

この日は良く眠れたし体調も万全。

早速ウィンのポーカールームに行くことに。

 

この日は、25-50の卓があったので、1日目、2日目よりもレートを下げてプレイすることにした。勝った金を守りたかったのもある。

25-50があるのはいいけど、なかなか順番が回ってこずにプレイできずにいた。

暇だ。やることがない。

 

そしてもう辞めた宣言をした、あれをやってしまうことに。

 

そう、ブラックジャック。

 

 

10分後、2,600HK$(約30,000円)勝ち。ブラックジャック簡単すぎるwwwとか思ったりもしましたよ。

 

 

その後にポーカールームに戻ると新しい卓が立ったようなので、ニューテーブルでプレイすることに。

この日はなかなか手が入らなかった。K,2o、J4o、7,2o、ゴミ手の嵐だ。

暇なんだよね、手が入らないと。相手を観察してるのにも集中力の限界があるし。

 

たまにいい手が来てもフロップがかみ合わない。CBを打ってもコール・もしくはレイズされて、相手の方が強そうだ、とかが続く。

 

そんな中久々に、俺アンダーザガンでAKoで3bbにレイズ。

SBとBBがコールでフロップがK,Q,Jレインボー。俺はTPTKでガットショットストレートドロー。

 

SB(割とタイト)、BBがチェックで回って、自分はポット3分の2をベット。

するとSBが自分のベッドの3倍にレイズ。

 

自分はここでコールした。でもこれがミス。

 

SBは割とタイトなプレイヤー。レイズしてくるレンジとしては、A,10、9,10、KQ,KJ,QJ、あとはポケットQQ,JJ。ポケット10もあるかもしれない。もちろんチェックレイズブラフの可能性もあるんだけど、負けてる可能性のある手が多すぎなんだよね。

AQやAJでレイズできるとは思えないし。

 

もし相手がツーペアだったとしたら、ターンリバーでまくれるのはAか10ヒットで7アウツ。オッズも合わない。しかも相手はショートスタックなのでインプライドオッズもない。

 

結果としては、ターンで相手が残りのスタックをオールインしてきて、自分は小額オールインなのでクイックコール。

結局相手は、KQのツーペア持ちで相手の勝ち。-2,000HK$。

 

額としてはたいしたことないんだけど、こういう予想できているのに結局はフォールドしないっていう自分にいらついた。

いい手がなかなか来ずに、久しぶりに来たAKoに固執したってのもあるかもしれない。

ようは冷静な判断ができてないティルトっぽい状態。

 

ポーカーは相手を読むことも大切だけど、こういう自分のとの戦いも重要なんだよなぁと再認識。

これで飯食ってる人はすごいよ、本当。

 

ポーカーは4,000HK$で終了。

この日はブラックジャック+2,600HK$、ポーカー-4,000HK$の1,400HK$(約16,000円負け)で終了。

 

 

ではなく、残ったチップで再度禁断のブラックジャックをやってしまう。

ポーカーで負けた分取り戻そう。んで、今日の収支トータル+にしようということで。

 

結果、5分で-2,600HK$

 

負ける時一瞬すぎるww

 

結局この日の収支は4,000HK$(約45,000円負け)だった。

 

 

はぁ、サウナ行ってリフレッシュしよ。。。

 

でもまだ3日間で10,100HK$(約115,000円勝ち)だしね、全然余裕だよ。

iPod touch買えるね。

 

 

 

ここでやめときゃなぁ。

 

世界一周ブログランキング参加してます。

下記の大きいバナーをクリックしてもらえると、自分にポイントが入って上位に行ける仕組みです(とりあえず嬉しいです)。

1日1クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 


 

 

作成者: muneyuki yokoi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。