ウドンタニからバンコクへ


 

ウドンタニからバンコクへの移動手段。

  • 鉄道
  • バス

 

鉄道は、全部で4本くらいしか走ってなく、早朝と夕方18時台に来る夜行のみ。

朝は早すぎるし、夜行は嫌だったからバスを調べてみると、1時間に1本はあるらしい。

ということで、朝11時くらいにバス停に行くと、ちょうどバスが出発するようだった。

値段は350バーツと安い(鉄道で450バーツくらい、VIPバスで550バーツくらい)んだけど、普通のローカルバス。

 

結局ローカルバスに乗り込み、色々なターミナルで人を乗り降りさせながら進んでいく。

コンケーン、コラーテ、サラブリときて、ようやくバンコクへ。

着いたのは夜11時くらい。あぁ予定では夜8時くらいに着いてゆっくり宿探しができるはずだったのに。。

 

カオサン以外に泊ろうと思ってバンコク来たのに、結局バスターミナルから運転手に、「カオサンロードプリーズ」と言ってしまった。ここ以外に安宿街を知らないんだよね、バンコク4回目なのに。

カオサンに到着後、宿に泊っちゃうか、朝まで時間潰して宿代を浮かそうかどっちか考えた。

 

うん、朝まで時間潰してみよう。マックとカフェなどを転々として、朝6時にそこらへんにある宿にチェックイン。値段は300バーツ、wifiは部屋には届いてないって言われてたんだけど、普通に部屋でネットできたっていう。いつもと逆のパターン。

しかし、マックとカフェで合計200バーツくらい使ったんだけど、これなら普通に宿泊っても良かった罠。

マックやカフェでは主にiPadで本読んで時間潰し。

いつも通りホールデムの本だけど、英語だから進むの遅くなってしまう。日本語の3分の1か4分の1のスピードだな、多分。しかも夜読むと恐ろしく眠くなる。

読んでる本は、「Professional No Limit Hold ‘Em」という本。期待値の計算が多いんだけど、今まで知らなかったことも多く書いてあった。何回も読みなおすべき本っぽい。

 

しかし相変わらずカオサンはカオサン。マックで時間潰してる時も欧米ギャルが泣きながら店員と喧嘩してた。マックで店員と喧嘩するってどういうことが原因なんだろう。

あのいつもファランが大騒ぎしてるバーの近くで、サソリ売りが頑張っている光景のシュールさ。

 

次の日は遅くおきて特に何もしなかった。

やったことといったら貴重品入れるウェストポーチをカオサンでゲットしたことくらい。値切って100バーツ。

 

イサーンについては、コラーテ、ウドンタニ、ノンカーイと行ったんだけど、観光客もほとんどいなくてゆっくりできていい所だったなぁと。ベトナムみたいに金にうるさくないのはいいね。

まぁぼったくろうとする気持ちは分かるけどね。日本と5倍くらいは物価が違うだろうから、日本のランチが1,000円、例えばアメリカ人が普段ランチ5,000円使ってるような超金持ち国だったとしたら、ちょっとくらいアメリカ人からお金多くとっても良くね?って思うのは普通の感情だもんな。

でもタイは屋台でも値段表示してあるし、現地の人も外人も同じ値段設定。

バンコクはタクシーを筆頭にちょっと違う感じだけどね、都会だし。

 

次回からはようやく東南アジアを脱出して、中華圏内へ。日本に順調に近づいていってますね、えぇ。

 

世界一周ブログランキング参加してます。

下記の大きいバナーをクリックしてもらえると、自分にポイントが入って上位に行ける仕組みです(とりあえず嬉しいです)。

1日1クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 


 

 

作成者: muneyuki yokoi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。