バンビエンからノンカーイへ

 

バンビエンもう少し滞在するとか嘘でした。ここバンビエンから北に行くか南へ行くかで迷っていた。

 

北へ行く場合

  • ルアンパバーンからのハノイへ、ハノイから飛行機
  • ルアンパバーンからの中国イン、そのまま中国探検

南へ行く場合

  • ノンカーイやウドン回って(つまりイサーン再訪)バンコク、からの飛行機

 

北へ行く場合の考慮点は、ビエンチャンからルアンパバーンの深夜バスが1か月半前に崖から転落し、フランス人のバックパッカー含む7人が死亡している事故が起きていること。

ルアンへ向かう国道13号線は道が悪く、崖にガードレールがないので、毎年1件くらいバスが崖から転落する事故があるらしい。

まぁ飛行機を使う手もあるんだけど、そこまでしてルアンパバーン行きたいかと問い詰めたい。

あと、ルアンパバーン⇒ハノイのバスも24時間以上かかるらしく、それも辛い。最近長距離バス飽きた。

とか言いながら最終的な決め手はどっちが自分の中でわくわくするかどうかだったけどね。

 

ということで南ルートを選択。朝起きてバスの時刻表眺めて10分で決めた。

もっとバンビエン居ても良かったんだけど、ファラン(タイ語で欧米人)うるさすぎてもうええわってなったよ。でも本当いいところだと思うんで、今度は誰かと一緒にまた来たい。

 

そういうことで3回目のBKK目指します(通算では4度目)。バンコク起点になるね、やっぱ。

バンビエンからノンカーイはVIPバスで100,000キープ、朝10時出発で昼の1時半頃に着いた。近いねー。

ビエンチャンとノンカーイは25キロしか離れていない。

 

ここノンカーイ、特段何もない。いわゆるメコン川沿いの街という。もうメコン側沿いの街も飽きつつあるな。

リバーサイドにレストランやバーがあるのは、もはや定石。

向こう岸はラオス。

 

そういやここでは日本人の仕事退職済みのおっさんに会って、その人にゲストハウスを教えてもらった。

仕事辞めてからは1年のうち半年くらいはアジアあたりに滞在しているらしい。独り身だとそういう老後もありなんだろうか。

シェムリアップでも老夫婦でそういう人たちを見かけた。その人達は貯金をするために物価の安い東南アジアに滞在してるとのことだった。

どういう仕組みかっていうと、日本で十数万の年金が振り込まれるからその範囲内で東南アジアでしばらく滞在するだけ。何もしなければ一カ月5万くらいで余裕で過ごせるから一カ月10万くらい貯金ができるのかしら。

うーん、いいなぁ年金貰える世代は。

年金は10年以内に廃止になるだろうなー、ってか廃止にしなきゃダメだよな。

 

リバーサイド沿いの散歩、黒い犬と黒いぬこ。めっちゃ仲が良かった。

 

見世物にされてるミニ像が歩いていた。でかいうんこを大量にしてたんだけど、係の人はそれをメコン川に投げ捨ててました。

メコンの魚食いたくねーわ。

 

リバー沿い以外にも寺とかはあった。もうガイドブックを読んでないので、なんていうところかは知らないが。

 

最後はお決まりのメコンの夕日で。

遠くに見える橋が友好橋というラオス-タイの国境を結ぶ橋。

 

夜はちょっと出歩いてみたけど、面白い感じではなかったなー。

また移動してきますノシ

 

世界一周ブログランキング参加してます。

下記の大きいバナーをクリックしてもらえると、自分にポイントが入って上位に行ける仕組みです(とりあえず嬉しいです)。

1日1クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 


 

 

作成者: muneyuki yokoi

“バンビエンからノンカーイへ” への 5 件のフィードバック

  1. おぉ!!
    イサーン再訪イイですね。行けるものなら私ももう一度行きたい
    です。ウドンタニーに本格ラーメン屋台あるよ!
    ばしょはウドンタニー駅前通り沿いでバーが建ち並ぶ
    ストリートの入口にある。夜営業

    あと、近郊に世界遺産があったはず??

  2. ウドンなうです。
    おーラーメン食いたい、情報サンクス!
    世界遺産は、うーん多分パスだな。笑

  3. こんにちは。 素敵な旅日記ですね。 
    すみません。もう少ししたら、ラオスのバンビエンに行こうかと考えているんですけど、 2012年末にラオス政府によるチュービングの廃止、町の閉鎖されたとかいう、噂を聞いたのですが、2013年の今はどうなっているのでしょうか? 
    すみません。 ご存じであれば教えてください。 よろしくお願いします。

    1. こんにちは、コメントありがとうございます。
      バンビエンには2013年1月初旬に行っていますが、チュービングもやってましたし、町が閉鎖されたということもなかったです。
      その廃止の噂は初めて聞きました。

  4. お返事ありがとうございました。 そうなんですねー。いい話をききました。
    これで、心置きなく、バンビエンに戻れます。笑 
    いやー、海外のメディアでそういう話が出てて、死亡事故を結構な数をだしてる、チュービングをラオス政府が関与するっていう。。。  
    いやー。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。