トラって立って喧嘩するんだね

 

今回はトラについて。

チェンマイのタイガーキングダムというところでトラとじかに触れ合える施設がある。トラと一緒に写真を取れたりするところだ。

チェンマイの街からトゥクトゥクで30分くらい。

地球の歩き方に乗ってないようなので、結構穴場なスポットなのかも。

 

料金は、トラのサイズで分かれていて、ラージ420バーツ、ミディアム420バーツ、スモール520バーツ、スモーレスト620バーツ。

とりあえず自分たちはラージサイズを選択。トラの成長は早いみたいなので、小さければ小さいほど料金が高くなってくるのは納得できる。

ラージが一番込んでいて写真撮影まで1時間待ちだった。

 

その間はタイガーキングダムの施設を自由に見学できる。

金網越しにかなり近くからトラを激写。

この後一緒にいった友達がアイフォンで同じように撮影してると、いきなりトラが襲いかかってきて、その拍子に友達はアイフォンを落としてしまった。間一髪怪我はなかったけど、あぶねー。ちょっとアイフォンにヒビがはいったくらいで済んだ。

油断してると危険だね。

 

その後、子供のトラが見れるところへ。

全部で4匹おり、自由に遊んでいる。多分じゃれあっているんだろうけど、見てるこっちは喧嘩してるように見える。

かなり激しくやりあっていた。

トラが立ちあがって喧嘩してると、怪獣が戦ってるみたいなんだけど。

 

トラ喧嘩動画も撮った。

YouTube Preview Image

やばいよね、激しいよね。

 

そんなことをしてるとあっという間に触れ合いタイムへ。

ドキドキしながらでかいトラがいる檻の中へ。

いきなり襲いかかってきたら死ぬなぁ。

料金に保険料込って書いてあったんだけど、それは襲われた時の保険なんだろうな。相当医療費かかりそうだもん。

 

一緒に写真を。阪神ファンの人はユニフォーム来て、トラと一緒に写真撮ったら相当いいんじゃないかな。俺は巨人ファンだけど。

 

そういや、タイガーキングダムの係の人が一人ヤクルトの帽子をかぶっていた。いや、そこはタイガースにしとこうぜ!

 

写真を撮るスペースにいるトラは相当おとなしい。顔の近くに近づかなければ尻尾や足を掴むこともできる。

ネット上では薬を使っておとなしくしてるんじゃないかと書かれていたけど、タイガーキングダムサイドは、薬は使ってませんと明記していた。

お腹いっぱい食べさせてたり、代々動物園のようなところで繁殖されてきたトラは野性味がなくなりおとなしくなっていくのかもしれない。

このトラ達を野生に離したら、狩りができなくてすぐ死んでしまうんじゃないかな。

 

こういう野生の肉食系の動物って週に1回しか食事ができない場合があるらしい。

飢えてる時は相当な肉食系だよ。

そう考えると、動物園にいて毎日食事ができるトラは実は幸せな方なのかもしれない。

 

そんなタイガーキングダム、チェンマイの観光に飽きたら是非行ってみてはどうでしょう。

 

世界一周ブログランキング参加してます。

下記の大きいバナーをクリックしてもらえると、自分にポイントが入って上位に行ける仕組みです(とりあえず嬉しいです)。

1日1クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 


 

 

作成者: muneyuki yokoi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。