移動中に宇宙の事を考える

 

「今まで未来から来た人に会った人はいない。だからタイムマシンは未来永劫開発されることはない。」

自分(文系)は昔そう思っていた。

それを友達(理系)に話したことがあった。

 

すると、友達はそれは違うよと言った。

 

一人の人間が今日何か体調悪いなーと感じた。その時、A.会社を休む B.無理して会社に行くという選択肢があったとする。

実際はAを選択した。でも裏でBを選択した時の未来も存在すると考える。実際は一人の人間ではなく、何十億の人間がいる。

また、人間以外にも生物は、このような判断を頻繁に行っている。

そう考えると、未来って無数にある。実際には起こり得なかった過去も無数にある。

だから未来人が今現在起こっている現実世界に来ることができないだけで、実際には起こり得なかった過去には行けてるかもしれない。

 

簡単にいうと、パラレルワールドな世界観ってわけだ。そうすると、未来人に会ってないだけでタイムマシンを開発することは不可能とは言い切れないとのこと。

 

なるほどなぁと思った。

今いる現実はぱっと見は3次元。星なんかを見てると4次元はすぐに理解できる。今見てる星の光って何億年前の光だからね。

その次の世界観が5次元のパラレルワールドな世界。

不思議すぎるな、宇宙。

しかも宇宙の果てが137億光年も離れている。どれだけ大きいんだ、宇宙。

 

その中でとてもちっぽけな存在の地球。

何億種類といる生物の中のたった1種類である人間の存在、そしてその中での自分。

そんな自分が抱える悩みや不安や嫌なこと。

どーでもいいくらい小さい。どーにでもなってください。

そう考えると嫌なこととかすぐ忘れる。今までもそうやってストレスフリーで生きてきた。

 

一方で宇宙の大きさを考えると死に対する恐怖は大きくなる。

宇宙ができてから137億年たってるけど、その中で自分が持ってる記憶ってたったの20数年。

死んだら、また何億年も無意識のままなのかなぁと思うとちょっと怖い。

死に対する緩和剤になるのが、宗教何だろう。

 

過去の人もまた死が怖かったに違いない。

だから宗教では現世でイイ子にしてれば天国にいけるとか来世とかを信じる。

そうすれば死の恐怖から解放されるから。

 

でも自分は無宗教。死の存在がまだ遠いからだろうか。

歳を取ったら何かの宗教とか信じた方が楽なのかな、そうも思った。

 

ももクロを聞きながら、そんなどうでもいい妄想をしていたタイのバス内だった。

 

世界一周ブログランキング参加してます。

下記の大きいバナーをクリックしてもらえると、自分にポイントが入って上位に行ける仕組みです(とりあえず嬉しいです)。

1日1クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 


 

 

作成者: muneyuki yokoi

“移動中に宇宙の事を考える” への 2 件のフィードバック

  1. なにこの記事!!!

    ついに宇宙まで!!!笑

    from 女子3人組

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。