ミャンマーへ日帰り

 

チェンセーンからメーサーイへソンテウで向かう。

ここメーサーイは、タイとミャンマーの国境。ミャンマー側の街、タチレクへ500バーツを支払うと、半径5キロメートル以内なら自由に行動できるというミステリアスな街。

この青い建物がイミグレーションで、向こう側はもうミャンマーだ。

パスポートにスタンプを押してもらいミャンマーへ入国。

川を挟んで左側がミャンマー、右側がタイ。

 

タチレクの街。恐ろしバイタクや物売りの客引きが激しい。

「薬あるよー、何たらとか何たらとか。」

「オキヤ連れてくよー。」

「アジノモト!!!」

 

なぜ、こっちの客引きはアジノモトとよく言っているのだろう。

まぁ日本人なら誰でも知ってる単語だとは思うけど、そんなに日本人はアジノモトって言葉を使わない。

平均的な日本人より、タイの客引きの方がアジノモトという単語を多く使ってるって面白いね。

 

少し歩いてローカル風なレストランにて食事。これがミャンマー初飯。

このボリュームでも40バーツ。安くてなかなかの味。

 

タチレクのマーケットへ。ここはあらゆる物が安い値段で売られている。ほとんどがパチモンだけど。

ここで、G-SHOCK(380バーツ)とサングラス(80バーツ)のパチモンを購入。

 

この顔にどろみたいなのを塗るのがミャンマー流オシャレなんだろうか。

男がしてるのも見かけた。

 

ミャンマータチレクの街並み。ミャンマーって国がなじみなさ過ぎて普通に歩いてるだけで面白い。

 

タチレクの交差点。

YouTube Preview Image

 

立派な寺も発見した。

 

ミャンマーを出国し、再びタイのタチレクへ。

自分は空路でタイ入りしたので、ビザなし滞在期間は30日、残り18日だった。だがミャンマーから陸路で再びタイ入りした扱いになったので、陸路での滞在期間15日へと滞在期間が減ってしまった。まぁそこまで長くいるつもりはなかったから別にいいんだけど。

メーサーイは簡単にビザランできるようだ。

 

メーサーイの展望スポットへ。

青い建物が国境ゲートで、国境ゲートの左側がミャンマー、右側がタイ。

国境付近の街は面白い、そう思えたチェンセーンとメーサーイへの訪問だった。

 

次はチェンマイのコムローイへ。

 

世界一周ブログランキング参加してます。

下記の大きいバナーをクリックしてもらえると、自分にポイントが入って上位に行ける仕組みです(とりあえず嬉しいです)。

1日1クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 


 

 

作成者: muneyuki yokoi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。