マレーシアへの移住について


 

こんばんは。

土砂降り⇒道にたくさんの水たまりができる⇒信号待ちしてる⇒そこに車が猛スピードで突っ込んでくる⇒滝のように水が降ってくるで、全身びしょ濡れになりました。

 

ところで、日本人が住みたい国ランキングってのがあるんだけど、どこだと思いますか?

ブログの流れからはそう、当然マレーシアが1位なんですね。※財団法人ロングステイ財団による調査

ちなみに2011年のランキングだと、1位マレーシア、2位タイ、3位ハワイ、4位オーストラリア、5位カナダです。

 

マレーシアの何がいいって、物価が安くて、治安がある程度良いことだと思う。

物価は日本の約3分の1だし、日本と同じようなお金を払えば、お手伝いさん、プール付きの豪邸に余裕で住めちゃう。

今、定年退職後にセカンドライフとしてマレーシアに移住しようとしてる人が増えてきているんだってさ。あと、マレーシアへの不動産投資とか。

クアラルンプールのKLCCのショッピングセンターにある紀伊国屋に行ってきたんだけど、マレーシアの移住系の本がかなりたくさんあった。

下記のような本がまとまってるコーナーがあったのだ。


 

こういう移住需要が増えるに従って、移住を斡旋するような日本の会社が増えてきたそう。

ビザ取得から不動産契約、税金対策まであらゆる事をやってくれる代行業者。

でもこの業者がかなり利幅を取っているっていう噂。例えば現地だと賃貸料が1200リンギットなところを3000リンギットとして、法外な手数料を取っていたりするらしい。

ビジネスってお客さんとwin-winにならなきゃ継続しないから、こういう業者は淘汰されていくんだろうけど、なんだかねえ。

日本はこういう日本人相手に騙しあいしてる場合じゃなくて、本当海外のマーケットを取りにいくべきなんだろうなぁと強く思った。

 

こっちにいると、電化製品について、日本の企業例えばソニーとかよく見かけるけど、サムスンの方が圧倒的に露出度高いんだよね。サムスンの方がいい意味で欧米化してるっていうか、顧客ニーズの高いものを出してる感じがする。

日本企業は、ある意味独自路線を行ってるっていうか、プロダクトアウトというかそんなイメージがある。

韓国って音楽もアメリカのダンスミュージックのようなのばっか売り込んでるし、ニーズが大きい物に目を向けてるのかなぁと感じる。

日本は日本でしか売れない?AKBとかですもんね。超独自路線行ってる。それが文化と言えば文化なんだけど。

 

これからは顧客が欲しいものを作る、マーケットインの考え方がますます重要になってくるんじゃないかなぁと思ったクアラルンプール。

 

あと、マレーシア、2020年には先進国の仲間入りが予定されていて、現在もGDP5%の成長を続けている。

マレーシアのビジネスマン、中国語、英語、マレー語の3か国語がネイティブで、優秀な学生はアメリカ、イギリス、オーストラリアなどに留学している。ちなみにビジネスの世界だとほぼ100%英語が使われているらしい。

いやー日本が抜かれるのも時間の問題かも。マレーシアは物価これからどんどん上がっていくだろうし、日本は今後成長するのはかなり厳しいもんがあるだろうからなぁ。

 

頑張ろう日本。俺もだけど。

 

世界一周ブログランキング参加してます。

下記の大きいバナーをクリックしてもらえると、自分にポイントが入って上位に行ける仕組みです(とりあえず嬉しいです)。

1日1クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 


 

 

作成者: muneyuki yokoi

“マレーシアへの移住について” への 2 件のフィードバック

  1. マレーシアのクアラルンプールの都会っぷりにはびっくらした
    もっとバンコクよりかとおもってたよ

  2. 本当そうだね、やっぱ実際に来てみないと分からない事は多いや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。