マレーシアのカジノ


 

こんにちは。今日はマレーシアのカジノについて。

マレーシアににはKLからバスで約1時間、ロープーウェーで15分のところに、ゲンティンハイランドというカジノや遊園地などがある巨大複合テーマパークがある。

なんで、KLじゃなくてそんな離れてるところに作ったのかというと、基本的にイスラム教の人達はギャンブルはしちゃいけないんですね。

なので、ちょっと遠くに、イスラム教に関係のない博打好きなイメージのある?中華系の人向けにカジノも作ったみたいです。

 

行き方は、プドゥラヤバスステーション(チャイナタウンの近く)からバスチケット+ロープーウェーのチケットを買って10.6リンギット。

1時間に2本、30分置きくらいにバスはあるみたい。

 

KLからバスで1時間くらい乗るとロープーウェー乗り場へ。

ロープーウェー乗り場からさっそくロープーウェーに乗りに行く。

 

結構な頻度で一時停止するから、そのたびに上下に激しく揺れて怖いんだ、これが。

アナウンスでは、コンピューターで自動制御されてるから止まる場合あるけど、落ち着け!みたいに流れてたけど、周りからは悲鳴が聞こえるレベル。

 

そんな怖いロープウェーを15分ほど乗るとゲンティンハイランド到着です。

でかいホテルが5つくらい集まってて、そこら中にカジノ、ショッピングモール、遊園地、レストラン、映画館など色々楽しめるようになってる。

 

自分はとりあえずテキサスホールデムできるところを探した。

けど・・・ないわ。

ちゃんと調べてから行けば良かった。

 

即効帰るのもあれなんで、一応ブラックジャックやってきた。

300リンギットだけチップに変えて、50リンギットミニマムベッドの卓でミニマムベッドを続けた。

 

結果、-300リンギット(8,000円)。ディーラーのソフト17(A、6)ヒットの卓初めてやった気がしたけど、まぁそれは別にいいや。

自分の感覚として、ミニマムベッド50リンギットなら、その20倍の1000リンギットくらいあると、結構無限に遊べたりする。まぁなくなる時はなくなるんだけど。

 

カジノ全体の感想としては、人いっぱい過ぎて空いてる卓を見つけるのが大変だった。マカオの古いカジノに雰囲気似てる。

ホールデム次できるのは、カンボジアかな。カンボジアにホールデムがある不思議さ。

 

結局カジノには2時間くらいいないで、KLへ戻る。

KLのプドゥラヤバスターミナル行きのバスが最終で夜8時半で早めだったので注意ですね。

 

宿で会ったおじさんに「インドネシア行け!!」って言われたから、ボルネオ島の方行って、ブルネイ、ジャカルタ経由でまたKL戻ってくるってルート考えたけど、今のところあんま乗り気ではない。

オーストラリアとかオセアニアいつかまとめて行ったときに、ブルネイ、インドネシアも行けばいいかなと思ってしまう。

次はこのまま北上してタイかなー。タイは陸路だと15日しかいれないみたいなんで、ちゃんと日程計算しなくては。

 

世界一周ブログランキング参加してます。

下記の大きいバナーをクリックしてもらえると、自分にポイントが入って上位に行ける仕組みです(とりあえず嬉しいです)。

1日1クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 


 

 

作成者: muneyuki yokoi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。