KL出会い系

On 11/07/2012 by muneyuki yokoi

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所でビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


 

こんにちは。KLは雨が降らない日はないんでしょうか。

KLでの出会いをまとめて更新。

 

まずは元同僚のアレックス。中華系マレーシア人で同い年。今はガス系のコンサル会社で働いている。

パビリオンというショッピングモールにて待ち合わせて、食事とバーへ行った。

この辺はブキットビンタンと呼ばれるところで、KLのショッピングの中心地だ。

パビリオンはこちら。

話はマレーシアで働く事についてや、結婚はしたくねーわ、30歳以上で良くない?という話、KLのバーやクラブ情報、他の同僚は今は何をしてるのか、伊藤忠のマレーシアで働けば?等について。

ここででてきたKLのタイクラブやビーチクラブがいいよと聞いたので、後日行くことになる。

 

次にお会いしたのは、「ラップと釣り 目指すは世界一周!/臨床工学技士」のMOISEIさんとわたるさん。

MOISEIさんは出発日が1日違いで同い年、しかもこの時期珍しい西周りなのでこれからもちょくちょくルートがかぶるかも!

この日の話のテーマは、世界一周とか放浪って何かコンセプトが必要なのかってことが中心的だった。

 

何かこれが目的って決めちゃうと、それに縛られすぎちゃって、色々つまらなくなる気はする。しかし、目的を決めて旅をした方が実りある時間を過ごせる可能性が高いのかもしれない。

という葛藤。

世界一周の経験とか生かして、それをもってレストランやバーの開業、旅行会社の設立、なんて人もいる。

自分としては、この海外に出てる期間で自分の本当にやりたいことは何なのかという事を決めて、その後それに向かって死ぬ気で頑張るというのを想定しているんだけど、その自分の本当にやりたいことってもう実は答えは出てるのかもな、と思うようになった。

 

自分の本当にやりたい事を、自分の過去の経験から探そうとする。それはそれで普通だと思う。

でも自分の過去の経験以外に、自分の本当にやりたい事があったとしたら???

自分の過去の経験を100とすると、自分の過去の経験以外の事なんて、100,000,000くらいあるだろう。

その残り99,999,900を海外で見てみたいってのは正直ある。

 

でも、海外で、例えばすごいうまいインド料理に出合ったとしよう。そんで、「俺インド料理屋やりたい!!!」ってなるかなぁ。すごい感動できるゲストハウスに泊ったら、「俺将来ゲストハウス経営したい!!!」ってなるのかな。

 

あんまりならないだろうなぁと思う。

 

自分の今好きなもの(仕事以外)、カジノ、将棋、野球としようか、もっと多いけど。

戦略性のあるゲームが好きみたいだ。もっとかみ砕くと、今ある状況を分析して、最適な判断をする、この一連の流れが好き。

ただこれってビジネスに他ならないんだよね。

自分は、これまで会計士やコンサルといった、企業に対してアドバイスするような立場の仕事を行ってきた。

これを自分サイドでやってみたいなーと昔から思っていた。

つまり、自分でビジネスを立ち上げて、自分で戦略的な判断ができればいいなぁということだ。

何だ最初から答えは出てたのかな。

これからの旅、ビジネス的な観点をもって続けられれば良いのかなと思った。

 

次の日、宿で「おーお前は日本人だな」と声をかけられる。

その人は日本のシンクタンク等を経て独立してる人で、今は世界を飛び回って仕事をしているらしい。

2時間くらいその人の話を聞いていた。

 

「中国とかさ、もう仲良くなろうとしないで、イスラム国家と仲良くなった方がいいよ。イスラム国家18億人いるからさ、中国人よりも多いじゃん。」

「インドとか行かなくていいよ、なんで若い人がインド行きたがるのか分からない。インドはカースト制がある限りダメ。カースト制は国が崩壊しても消えはしない。インドよりインドネシア行った方がいい。純粋なイスラム国家を見といて損はない。」

「お前はとりあえずどっかに留学して来い。タイの大学行って現地の経済を勉強したりするもの良いよ。あとはアメリカだな。」

「旅をするなら、今後の仕事に役立つ物を持って帰ってこい!!!」

 

自分にとっては結構刺さる話が多かった。もう65歳らしいんだけど、元気な人だった。

留学・・・結構考えてた時期あったけど、英語の試験勉強をするのが嫌なんだよなぁ。あれ時間の無駄を感じるんだ。

 

また後日、アレックスに聞いたタイバーやらビーチバーに行ってみる。

行ってみてどういう場所か把握する。あーこれは、ベイカフェ、オーチャードタワーの系譜か。

夜9時以降になると、ドリンク1杯付で35リンギット取られる、それ以前はフリー。

タイバーっていうからタイ人ばっかなのかと思ったけど、ベトナム人が多かった。

んーでもやっぱり自分はベイカフェの方が好きだなぁ。

 

KLも相当慣れてきた。実は電車、タクシー一回も使ってなく歩きオンリー。これだけ歩けばだいたい把握するか。

そんなKL編もうちょっと続きます。

 

世界一周ブログランキング参加してます。

下記の大きいバナーをクリックしてもらえると、自分にポイントが入って上位に行ける仕組みです(とりあえず嬉しいです)。

1日1クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 


 


4 Responses to “KL出会い系”

  • いやぁ楽しかった楽しかった!
    またお話ししましょう

  • muneyuki yokoi

    また是非どこかでお会いしましょう!

  • わたる

    もいせい君と一緒にいたわたるです。僕はワーホリのビザ待ちでクアラルンプールにいたんですけど、半年待ってもまだ下りていない人がいるという話を聞いて、なんやかやで今北京に来ています。ムネ君は最初北京入りの予定だったんですね。街の中でちらほら、例のあの島は中国のものだと書かれているのを目撃します。

    またおもしろいエピソード期待して、ブログを遠くから見ています。

    いつかまたどこかで。

  • muneyuki yokoi

    >わたるさん

    わざわざコメントありがとうございます!
    北京、まだそういう状況なんですね。でもこれから北の方に向かうと思うので、中国かどこかでまたお会いできればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。