シンガポールでの日常


 

今いるドミトリーは、いろんな人がいるんだけど、ほとんど一緒に話をしていない。

おじいちゃんがいたり、いつも裸でいるインド人風の人がいたり、おばさんがいたりで、なんかこう仲良くなれる気がしないっていう。俺のコミュニテイ能力の問題かもしれんけど。

ドミトリーって若い人ばっかりいるイメージあったけど、実際は年齢高めの人もかなりいるのね、と思った。

この旅に出る前は、ドミトリーでほとんどプライバシーない状態が続くの大丈夫かな、と1%くらい心配したことはあったけど、全然大丈夫でしたね。でもたまにはシングルの部屋にも泊りたいかも。

 

というのが宿の状況で、自分は街歩きを続けます。シンガポールの地理は結構把握できてきた。

電車が整備されてるから歩きやすい。迷ったら電車の駅探せばいいし気は楽。先進国だとほとんど電車が整備されてるから同じような感じだね。

そんな電車の中で見た日本の広告。

綾波レイ世界レベルの知名度ですね。自分はちなみに一度も見てないけど、このキャラの名前だけは知ってる。

たしかキャノンが出してる広告だった記憶があるけど、定かではない。頑張れ日本企業!!!

 

電車でハーバーフロントっていう駅まで行ってから、バスに乗る。目指したのはセントーサ島。

島っていってもバスで5分くらいで行けちゃう距離だけどね。

バス以外にもロープーウェーで島に行くこともできる。

 

島は人工的な総合アミューズメント施設になってて、ジェットコースターもあったし、ショップもたくさん、レストランもたくさん、博物館もあった。

なぜここに来たかって?

 

ご想像の通りカジノがあるからです。

実はシンガポールは、カジノ大国で前述のマリーナベイサンズと今回来たリゾートワールドセントーサの2か所にしかカジノがない。

それでもカジノ収益は世界第三位。来年にはラスベガスを抜いて2位になるかもしれないという記事もある。

世界2位のカジノ大国へ、シンガポール ラスベガス越え予想

ちなみに1位はマカオ。こういう記事見てると中国の富裕層ってすごいんだなぁと感じる。日本も早く呼び込める体制作るべきだと思うけどなぁ。

 

早速カジノに行ってみると、荷物預けるクロークがなく、レンタルロッカーを使えとのことだった。

レンタルロッカーに行くと、1時間3ドル、3時間9ドル、1日15ドル。小銭を全然持ってなかったので1時間を選択。

1時間でカジノ視察とちょっとゲームをやることに。

 

ぶらぶらしてると、念願のテキサスホールデム卓を発見。しかも昼から2卓立ってる。

マニラのホールデム卓は基本夜9時頃~明け方に1,2卓立つような状況だったので、規模はこちらの方が大きいようだ。

レートを見てみると、5$-10$のバイインが300$-1800$、マニラの2倍~3倍のレートだ。

今回は時間1時間しかなかったので、基本見るだけ。客層は中国系8割、欧米系2割ってところか。中国語が飛び交ってた。

 

テキサスホールデム卓を後にし、続いて向かったのはバカラの台。

25$ミニマムベッドの卓で、バンカーに賭け続け20$増えた。

バンカー側が6で買った時に配当金が半分になるっていうのがスーパー6のルールという事を理解。このルールが結構メジャーなのかもしれない。

いずれ詳しく書きたい。

 

ということで、時間は1時間だけだったので、颯爽と切り上げ帰宅。

 

「お前海外まで来てカジノばっかじゃん?」

とか思われる方も多いと思いますが、アクティビティの一つとしてカジノを楽しんでいるということ、カジノがある国は少ないこと、ということで許してください。

ほら、世界一周中にダイビングする人とか多いじゃないですか。それがカジノだって思ってくれればいいと思います。

ダイビング一回だけやったことあるけど、あれ結構怖かったからね。またやりたいとは思わないんだよなー。カジノは死にはしないしね。

 

一応宿の近くの観光スポットも足を運んだ。

アラブストリートにあるサルタンモスクというところ。

ええ、色んな人種の人がいるからね。リトルチャイナ、インド、アラブ、たくさん集まってる。不思議ですなぁ。

 

あとは前回書いたオーチャードタワーに昼行ってみた。

公式な看板の地図にも書いてあるし、ちゃんとした場所のようだ。クラブとかバーとかの複合施設みたい。

 

そして近くの交差点をたんたんと撮影し、終了。シンガポール都会!!

YouTube Preview Image

 

シンガポール編もうちょい続く予定・・・

 

世界一周ブログランキング参加してます。

下記の大きいバナーをクリックしてもらえると、自分にポイントが入って上位に行ける仕組みです。

1日1クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 


 

作成者: muneyuki yokoi

“シンガポールでの日常” への 2 件のフィードバック

  1. 二か所で。。

    ラスベガスめちゃ広かったけどなー。
    客単価が結構違いそうだね。

    料理の写真とコメントもよろしくね。

  2. ラスベガスはホールデムの聖地なんで、規模が全然違うと思います。
    料理・・・まともなの食べてないんで、その機会にでも。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。