ポーカー放浪記(マニラ)


 

世界放浪記ってタイトル、阿佐田哲也の麻雀放浪記(一) 青春編 (角川文庫)から取ってきた。

勝ったらうまい飯が食える、負ければ何も食えない、そんな世界観が好きだ。

 

今もそんな世界観が好きで、将棋なんかもプロの対局を良く見ていたりする。

小さい時から将棋のプロを目指して、将棋しかしてこなかった、だけどプロになれなかった人がたくさんいる。

一方羽生さん、渡辺さんのように中学生であっという間にプロになって、タイトルを独占していく人もいる。

でも、みんな自分がいつかは一番強くなっていると思って、将棋を続けてるんだと思う。そうじゃないとやってられない。

この人達もただ単純に目の前の対局に勝てばいい、ただそれだけ。

 

自分に当てはめると、そんな世界感を体験できるのってすごい少ないんですよね。

仕事でも適当にやっても、一生懸命頑張っても同じ給料、こういう事が多い。

 

麻雀放浪記をポーカーにしたら、ちょっとはそんな世界感作れるかなーっていう実験の一つです。

 

ポーカーの中でもテキサスホールデムポーカーっていうのを良くやっている。

日本ではマイナーゲームなんだけど、アメリカでは競技人口5,000万人、WSOP(ワールドシリーズオブポーカー)ってのも毎年開かれてて、メイントーナメントは参加費100万円、優勝賞金8億円とか。世界的には結構メジャーなゲーム。

 

2010年のWSOPのファイナルテーブルの動画

YouTube Preview Image

 

 

簡単なルールは、2枚配られた各自のカード+表向きに出された共通カード最大5枚の中で最強の役を作った人の勝ち。

同じ8のワンペアでもそのほかがAKJの人と、654の人だったら、AKJの方が勝ち。ストレートも45678より、56789の方が強い。

 

これ結構分かりやすい説明動画かも。

YouTube Preview Image

 

今までマニラでは丸4日間くらいやってきたけど、トータルではイーブンくらいだと思う。

だと思うじゃダメなんで、これからはちゃんとデータ取ってきます。

 

思い出のシーン

 

VS スーパーレイザー

毎回のようにレイズしてくる韓国人がいた。ブラフしてくる確率がとても高い。

隣にいた欧米人とこいつカモだよねって話をしてたくらい変なやつ。

こういう相手に対しては、自分がいい手の時にがっつりチップを稼ぎ、中途半端な手は降りるって戦略を取ってる。

 

いつものようにレイズ700ペソをしてきた。自分の手は・・・AA。最強の手、一対一なら他のany handに対して勝率80%。

俺もリレイズ、3,700ペソ。ちょっと多めだけど、これくらいついてくる気がしたんで。

予想通り、3700ペソコールしてきた。

 

フロップは、A K 8。(全部違うスーテッド)

自分は今Aのセットで、ベストハンド。

 

相手はチェック。自分の番。

ここで少しベッドしてもいいと思うんだけど、相手のブラフベッドを引き出したかった。そう思いチェック。

 

ターンカードは、10。ストレートができるカードでちょっと嫌なカードだ。

相手はここで7,000ペソのベッドをしてきた。

自分が負けてるカードは、相手がJQを持ってストレートの時。

もし、相手がJQ持ちだったら、7,000ベッドは多すぎる気がするし、チップの出し方からいつものブラフだと感じた。

 

自分はオールイン(持ってるチップ全賭)リレイズ、15,000ペソ。

すると相手は即フォールド、やっぱりブラフだったみたいだ。

+約12,000ペソ(24,000円)

 

 

VS みんなストレート

リンプイン多数で7人の勝負。自分はボタンで23オフスーテッドでリンプイン。

 

フロップは、4,5,K(5,Kが同じスーテッド)

オープンエンディドストレートドロー、1,6でストレートが完成する。麻雀で言うと両面待ちだ。

 

フィリピン人のSBが300ペソベット、俺の前の欧米人もコール、自分もコール。

 

ターンカードは、6クラブ。ストレートの完成だ。

 

フィリピン人は、1300ペソのベッド。すると、欧米人が5,000ペソにレイズ。

これは・・・いったい。

自分はストレートだけど、自分より強いストレートが存在する。

7,8持ちであれば、45678のストレートで、23456のストレートの自分としては勝ち目がない。

けど、ストレート完成だし、、、5,000ペソをコール。

 

するとフィリピン人がオールインリレイズ(13,000ペソ)。

欧米人も続いてオールイン。

 

今考えりゃここが最後の逃げ道だったかな。。

結局自分もオールイン。

 

欧米人が開いた手札は、2,3。自分と同じだ。

フィリピン人が開いた手札は3,7。自分らよりも強いストレート。34567。

 

結局フィリピン人がチップ総取りで勝利。△13,000ペソ(26,000円)

 

ストレートは以前にも結構痛い目合ってるのにな、まるで成長できてない。

アクションが激しく起こる時は、気をつけなければ。

 

続く・・・かも。

 

世界一周ブログランキング参加してます。

下記の大きいバナーをクリックしてもらえると、自分にポイントが入って上位に行ける仕組みです。

よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 


 

作成者: muneyuki yokoi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。