警察編終了と新聞記事


ついに警察へ行くの終了しました。合計で4日間、結構時間取られたなぁ。

最後の日は、犯人の顔を思い出して、それを伝えて似顔絵を作成してもらうということをやった。

 

警察につくと、コンピューターを使って似顔絵を出すシステムがある部署へ連れて行かれたが、いきなり何か揉めている。

どうやら、今日はもう仕事が埋まっていて使えないというのだ。

 

いや、そこは前もってアポ取っておこうよ、、、と思ったがもうこういうのには慣れた。

次に連れて行かれた先は、似顔絵をスケッチするプロの人?と直接話して似顔絵を作成するというところ。

 

犯人の特徴を聞かれながら、それに答えていくとどんどん描いていく。

なかなか上手いもんだったし、結構似てると思う。犯人6人のうち、一番最初に話しかけてきたやつとその姉と言っていた人物の2人を描いてもらった。流石に6人全員の特徴なんて覚えていない。

 

似顔絵師が警察へその似顔絵を渡すと、6部コピーするから、金はお前が払ってくれと言われる。

なるほど、自分で払うもんなのね、こういうの。

 

その似顔絵を貰ったはいいけど、これ何に使えばいいんだろう。

ブログやfacebookにアップしていい?と聞くと、さすがにそれはダメだと言われた。まだ証拠とか何もないから、だってさ。

これからフィリピンに行く方、是非似顔絵貰ってください。

 

あと新聞記者のインタビューを元にした実際の新聞も貰った。

睡眠薬強盗で60万円被害、世界一周で来比の邦人男性 カジノで連勝し全額奪還

いやー生きてこの記事を見てよかった。なんか記念になりました、ありがとうございました。

 

最近は、クレジット会社やシティバンクとスカイプで電話したり、保険の必要書類を集めるのに忙しいです。

今、マニラの歓楽街に近いところに滞在してるんだけど、ほとんどその周辺から出れていないっていう。

 

でも結構面白いところなんだよね。

ハイアットカジノには金持ちが集まってるんだけど、その一本次の通りはスラムに近く路上生活者がいたりして、カオスな感じなんだ。

日本とフィリピンの物価の違いについては考えさせられますね。

 

フィリピンの平均的な月収が約2万円、日本はまぁ30万円とすると、約15倍違う。

iPhoneを5万円とすると、日本人だと月収の6分の1、フィリピン人だと月収の2.5倍。

フィリピン人の感覚へ日本人目線で直すとiPhoneの価格は75万円。

 

そりゃiPhone盗まれやすい罠。ちなみに自分も実はすでにiPhoneないです。

睡眠薬強盗の時にポケットに入れていたから。

 

そして今日も路上では、iPhone買わないって話しかけられる。こうやって俺のiPhoneも換金されてんだろうなぁ。

警察編も終わったことだし、これからはフィリピンの楽しいことについて書いていきます!

 

世界一周ブログランキング参加してます。下記の大きいバナーをクリックしてもらえると、自分にポイントが入って上位に行ける仕組みです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 


 

作成者: muneyuki yokoi

“警察編終了と新聞記事” への 6 件のフィードバック

  1. ”カジノで連勝し全額奪還”・・・。
    いったいなんの記事なんだー(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。