本の電子化

今一人暮らしをしている家を解約するに当たり、持っている本を全部処分した(330冊くらい)。処分する方法は、以下の4通り。

  1. ヤフオクで売却
  2. ネットオフで売却
  3. 電子化
  4. 廃棄

 

まず、1について。

基本的には、最近出たばかりの本、英語の本、ビジネス系の本を中心に売った。英語の本は写真のように学習本セットという形で出品したら、意外と良い値がついた。30冊で+15,000円くらい。

 

2について

ネットオフ利用の120冊ほど売却で、+7,000円。高価買取商品以外はほとんど10円以下の金額。7,000円の売却金額のうち、5,000円が高価買取商品。

ちなみにネットオフは、申し込んで日付を指定すると、無料で運送業者が段ボールを持ってきてくれて、その場で荷造りできるので、結構便利だった。でもやはり、高価買取商品以外の買取額は安いと感じる。時間があればなるべくヤフオクで売った方がいいと思う。

 

3について

ブックスキャンを中心に、150冊ほど電子化。本を送ると1冊100円(300ページ以内)で電子化してくれて、納品はホームページからのダウンロード。本の輸送費(5,000円)、電子化代(17000円)、ブックスキャン以外の業者(8,000円)で-30,000円ほど。ブックスキャン以外の業者を利用したが、25冊で8,000円(輸送費込)と割高になってしまった。段ボール詰め放題という言葉に騙されてはいけない。

調べればもっと安い業者があると思うけど、安心感を優先するなら、ブックスキャンがお勧めできるかな。

 

4について

売れなそう、もう二度と読まなそう、情報として古いのような本は廃棄。30冊くらい思い切って捨てた。

 

ということで、330冊の本がヤフオク売却(+15,000円)、ネットオフ売却(+7,000円)、電子化(-30,000円)、廃棄で合計10,000円の出費で、150冊の電子書籍になった。これをipadに入れて読んでる。アプリは、有料だけど、Bookmanを使ってる。見え方の最適化を自動でやってくれるので、無料のやつよりは便利かも。

ipadの32GBを買ったんだけれど、本を入れると結構容量がいっぱいになる。一つの本が平均100MBくらいあるので、本だけで15GB。動画とか写真入れるスペースが。。なので旅行中は、ガイドブックなどよく読む本をipadに入れて、その他はハードディスクドライブに入れて、気分で入れ替えていく運用になると思う。

 

ランキング参加してます。クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ にほんブログ村 

 

スポンサーリング

 

作成者: muneyuki yokoi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。